社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者の繁忙期とは?依頼は繁忙期を避けた方がいい?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/23

会社員の福利厚生の一つが遠方から会社への移動距離負担を無くすために用意する社宅です。

社宅を用意することで安心して仕事に励むことができますが、ただ会社は社宅の運営もしないといけないので負担がかかります。

そこで福利厚生として社宅を運営するときに、その負担を無くすために提携するのが社宅管理代行サービスなのです。

社宅管理代行とはどんな仕事なのか

企業の福利厚生を支える社宅管理代行業者はどんな仕事をするのかというと、企業が保有する社宅の現在位置を把握して利用したいと申し出た社員に対して物件を紹介します。紹介をした後は一緒に物件を見に行って納得してもらったら、所有する企業と連絡を取り合って契約期間の確認と料金を支払ってもらって契約締結させるのです。そして契約した顧客情報を契約期間ごとに記録し、契約期間の延長もしくは解約手続きを代わりに行うのが基本業務になります。

代行サービスはそれ以外にも、社宅は福利厚生なので安全に住んでもらえるように原状回復をし続けることで快適な環境を維持する必要があるのです。そこで代行サービスでは、住居人から建物に関して気になるポイントを見つけた時には契約している工事業者と連絡を取り合って住宅診断を行います。その住宅診断で住宅に欠陥があった時には、所有する会社に連絡を取って了解を取り修繕工事の手配も行ってくれるのです。

社宅管理代行業者の繁忙期はいつごろか

企業にとって大事な福利厚生の一つ社宅の管理を支えてくれる社宅管理代行業者ですが、ここで気になるのがサービス業にありがちな繁忙期があるのかという点です。繁忙期というのは季節ごとの状況によって、サービスを利用したいのに予約が埋まってしまい利用しづらい環境を意味します。

やはり2月から3月の終盤が該当するのです。なぜ2月から3月の終盤までが繁忙期なのかというと、この時期は高校や大学卒業シーズンと被るのが理由になります。社宅を利用する目的は、遠方からの移動距離負担を軽減するのと県外から就職しに来た若手社員が住居を探す負担を軽減するために設置するものです。

2月から3月は新しく入社した社員がこぞって社宅を予約する時期なので、企業にとってはその負担を軽減したいために予約する数が増えるのが理由になります。そのため繁忙期の時期を正確に把握していないと、予約が殺到する2月になると依頼できなくなり福利厚生が滞ることになるので注意です。

繁盛期を避けるのであればいつごろ依頼するとよい?

仮に繁忙期の時期に運よく予約が取れたとしても、注意してほしいのは大抵のサービス業の多くは繁忙期には特別料金を指定していることです。特別料金というのは忙しい時期に依頼することによって、会社に負担がかかるので特別料金を支払ってもらうことで従業員への給料加算を目的に設定しているものになります。

そのため繁忙期に依頼できたとしても特別料金を取られるリスクがあるので、それを避けるためにはいつごろ依頼するとよいのかを知ることです。それは本年度の6月から翌年の1月までに依頼するのが望ましいといえます。そもそも繁忙期というのはピークが存在し、ピークが終われば自然と通常業務に移行するのです。社宅管理代行業者のピークというのは2月の終盤から遅くて4月の中旬までなので、ゆとりをもって6月から翌年の予約を始めていれば翌年のサービス開始が滞ることなく進められます。

 

会社の福利厚生にとって社宅は重要な役割を担っていますが、その管理を行うと会社にとって大きな負担です。そこで負担軽減のために、利用料金を支払う代わりに社宅管理代行業者に依頼するのは円滑な運営をするうえでお勧めといえます。ただ繁忙期が存在するので、予約するときにはゆとりをもって依頼する必要があるのです。

サイト内検索