社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者ランキング!

社宅管理業務のアウトソーシングにおすすめの業者情報をまとめました

社宅には不動産会社などから賃貸住居を借りて社員に貸し出す「借上社宅」と土地や建物を会社が保有している「社有社宅」がありますが、近年社有社宅を売却し、借上社宅を導入する動きが拡がっています。

税金対策や社員の転勤などに対応しやすいという点で人気を集めており、今後もこの流れは加速していきそうです。

私は普段、一般企業で人事業務を行っていますが、会社の方針で借上社宅の導入を検討していくことになりました。

しかしながら、自社で社宅を運用するにあたり必要な業務内容を整理したところ、不動産の専門知識が必要であることや、経理部などの他部署にも影響する業務が想定していたよりも多く発生してしまうことが分かりました。

これでは社宅を導入するメリットよりも手間や時間が、かかり過ぎています。

そこで色々と調べ、実際に利用することにしたのが「社宅管理代行会社」でした。

物件探し~契約、日々の管理業務まで専門知識を持ったスタッフが自社の代わりに対応するため、クオリティの高いものになったと思います。

このサイトでは私が調べて得た情報を踏まえて、社宅管理業務のアウトソーシングを初めて行いたいという方におすすめの業者をランキング形式で紹介しますので是非参考にしてみてください。

社宅管理代行とは?


社宅管理代行とは、借上社宅に必要な業務を企業の代わりに行うサービスのことを示します。主な業務としては物件の情報提供や手配、新規契約時の手続き、賃料などの支払い業務、更新や解約の手続き、入居や解約、更新したときなどの明細管理などです。

その他にも日々のトラブル対応などさまざまな業務があり、企業の担当者にとっては負担が大きい業務の一つです。こうした契約ごとの煩雑な業務を企業の代わりに行うサービスのことを社宅管理代行と言います。

社宅管理代行業者ランキング一覧!

司ネットワークサービス株式会社の画像
臨機応変なサービス対応力と、誠実なスタイルが高評価

このサイトの社宅管理代行業者ランキング第1位となったのは、「司ネットワークサービス株式会社」です。

社宅管理代行業者というのは企業規模がまちまちなのですが、この業者の場合は東京を中心として着実に勢力を伸ばしているようです。

この会社の特徴としては、その臨機応変なサービス力と、誠実な経営スタイルでしょうか。

細かなニーズを求める法人であっても問題なく対応できるフットワークの軽さ、そして相手を不快にさせてまで利益を搾取しようとはしない、好感の持てる姿勢が個人的に高評価です。

司ネットワークサービスは東京のみならず、全国的に対応しています。東京以外の法人でも利用ができるというのはかなりうれしいポイントですね。

おすすめポイント

Point 1. 企業それぞれの悩みに、臨機応変に対応できる

司ネットワークサービス株式会社の基本情報

対応エリア 全国
会社所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-10 コスモス御苑前8F
問い合わせ情報 TEL:03-5312-8299
受付時間:9:00~18:00
お問い合わせフォームはこちら

司ネットワークサービス株式会社の詳細情報

【一般的な社宅や社員寮のみならず、ホテルやウィークリーのマンスリーマンションも利用可】

意外にも、社宅管理の代行サービスというのはいろいろあるようですが、私が調べた限りでは、その対応力にはかなりの差があるようですね。中には、「うちはこのレベルの社宅管理しか代行できない」といった・・・

【社宅管理や出張に関する業務全般を専門デスクで一括対応してもらえるから、スピーディ】

社宅管理代行サービスというのは、必ずしも利用者が多い部類のものではありません。BtoB形式のサービスなので、それは当然とも言えますが。だから、はじめて利用される方の場合・・・

【自社物件の優先紹介などは行わず、あくまでもデータに則った公平な物件選びをサポート】

私は社宅管理代行企業についてリサーチをしているため、時折それに関した相談を受けることがあります。中には、特定の企業に関する不平や不満、苦情を耳にすることもあるのです。そういった相談の中でもとくに印象深いのが・・・

株式会社 タイセイ・ハウジーの画像
独自のシステムと多分野での代行が高く評価

ランキング2位となったのは、「株式会社タイセイ・ハウジー」です。

本社所在地は東京都渋谷ですが、全国各地において数十の営業所を展開しています。

この業者の特色としては、日本ではじめて社宅代行サービスを実施したということです。

いわば、業界の「パイオニア」的な存在といったところでしょうか。

そうした歴史的な背景、実績があるために長年この業者を利用しているという法人も多く、そうした意味では信頼性が高く、高評価もなされています。

企業の長所としては、独自システムの採用による業務の効率化や、さまざまな分野での代行サービスの展開等です。

とくに独自システム「ANSWER」は、さまざまな場面で社宅関連業務の役に立ってくれることでしょう。

おすすめポイント

Point 1. 独自システムによる高いサービス性

株式会社タイセイ・ハウジーの基本情報

対応エリア 全国
会社所在地 新宿区西新宿1-18-2 晴花ビル3F(新宿営業所)
問い合わせ情報 電話:03-6894-6161(新宿営業所)※営業所ごとに違う番号
受付時間:10:00~18:00
水曜日定休(1月~3月は無休)
お問い合わせフォームはこちら

株式会社タイセイ・ハウジーの詳細情報

【独自開発システム「ANSWER」で社宅管理業務の大部分を代行】

社宅管理代行業者というのは、かなり多くの物件を取り扱っていたり、不動産管理業者と密接なコネクションを持っています。だからこそ、取り扱う雑務や事務、そして情報の量が・・・

【社宅斡旋システムによって1800数社もの賃貸不動産会社と連携】

また、このANSWERというシステムのは、他にも多くのメリットがあります。これはひょっとすると言いすぎかもしれませんが、このランキングに漏れてしまったあまり質のよくない業者と契約を結ぶよりは・・・

【専門スタッフが原状回復精査を行い、企業側の立場に立った請求内容を】

社宅というのは幅広い事業を手掛ける法人にとっては必要不可欠とも言える要素ではありますが、それと同時にあらゆる形でのトラブルを内包している、いわば「トラブルの温床」とも・・・

日本社宅サービス株式会社の画像
受託管理件数業界No.1!

中間点となる3位にランクインしたのは、東京都新宿区にある「日本社宅サービス株式会社」です。

事業としては、主に企業の住宅制度のコンサルティングや、社有施設の管理などを中心に請け負っているようです。

この日本社宅サービス株式会社の特徴は、サービスの対応範囲が広く、このランキングに掲載されていないような企業と比べ、かなり大きな範囲で企業の社宅管理を代行サポートしてくれています。

このように豊富なサービス内容により、毎年95%以上と非常に高いリピート率を誇っているうえに、業界No.1の受託管理件数20万件以上も誇っているのです。

おすすめポイント

Point 1. 社員のみならず周辺住民のクレームにも対応

日本社宅サービス株式会社の基本情報

対応エリア 全国
会社所在地 〒162-0833 東京都新宿区箪笥町35番地 日米TIME24ビル
問い合わせ情報 電話:03-5369-5235
受付時間 9:00~17:30(平日のみ)
お問い合わせフォームはこちら

日本社宅サービス株式会社の詳細情報

【引っ越しから入居までをスムーズにサポート、関連業務のコンサルティングも】

日本社宅サービス株式会社は、他の会社とは少々異なるユニークなサービスを提供し、社宅に悩む法人のサポートを行ってくれています。その中でも、まず私が注目したいと考えたのは、引っ越しから入居までを・・・

【防災、セキュリティ関連に強み、コールセンターに警備員派遣等】

引っ越しのサポートのみならず、この日本社宅サービスは防災やセキュリティの面においても力を入れ、その強みをアピールしています。2011年以来の相次ぐ災害の来襲により、世間の防災意識というのはこれまでと比べて・・・

【マイナンバー等個人情報を厳密に管理する体制を整えている】

近年、個人情報の取り扱いというのは企業にとても強く求められるものとなっています。何かしらの過失によって個人情報を漏洩してしまった企業は、メディアでその甘さを批判されるという風潮が・・・

株式会社リロケーション・ジャパンの画像
「転賃方式」をはじめとして、ユニークな取り組みが多い

4位のランクインとなったのは、「株式会社リロケーション・ジャパン」です。

東京新宿の本社のみならず、大阪や名古屋、千葉静岡等国内一部地域においても活動エリアを広げているようです。

「『あると助かる仕組み』の創造」をモットーとするこのリロケーション・ジャパンがこのランキングに掲載されるほどの高評価を獲得している最大の要因は、おそらく他の業者が行わない数々のユニークな取り組みを積極的に行っているからでしょう。

「転賃方式」によるフルアウトソーシングや、敷金の業者負担等、決して少なくないメリットを得られる高品質のサービスは、多くの法人のニーズに叶っていると言えるかもしれません。

おすすめポイント

Point 1. 敷金を負担してくれる

株式会社リロケーション・ジャパンの基本情報

対応エリア 全国
会社所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿四丁目2番18号 新宿光風ビル7階
問い合わせ情報 電話:03-5312-8269(東京)
受付9:00~17:00(平日のみ)
お問い合わせフォームはこちら

株式会社リロケーション・ジャパンの詳細情報

【リロケーション・ジャパンが推し進める「転賃方式」とは?】

社宅の管理というのは、みなさんが思っている以上に複雑かつ猥雑です。なんのトラブルも起こらないように複数の社宅、社員寮を管理しようと思えば、それだけで一部署を作らなければならないほど、膨大な手続きや対応が・・・

【転賃方式のフルアウトソーシングによって、大幅な業務軽減を実現】

それでは、この転賃方式によっていったいどのようなメリットが生まれるのか、ひとつずつ確認していきましょう。そのメリットをもっとも明確にシンプルに説明するのであれば、「フルアウトソーシング」の形態が・・・

【WEBサービス「RELO-NET」によって、効率のよさときめ細やかなフォローを両立】

もはや、会社がWEBサービスを提供するということは当たり前の世界となっています。インターネットを利用しない人間が少数派となっているのですから、当然と言えば当然ですよね。もちろん、社宅管理代行業者も・・・

東急社宅マネジメント株式会社の画像
東急グループ所属の有名社宅管理代行業者

社宅管理代行業者ランキングの最後となる5位にランクインしたのは、「東急社宅マネジメント株式会社」です。

「東急」と社名に入っていることからもわかる通り、この会社は東急グループの一員として運営されており、全国に幅広い営業ネットワークを有しています。

東急グループに関しては、総合雑貨チェーンの「東急HANDS」等がよく知られていますね。

この東急社宅マネジメント最大の特徴は、やはりその企業規模からなるブランド力と信頼力

東急グループ所属という信頼性の高さは凡百の社宅管理代行会社とはくらべものにはならず、安心して契約することができます。

また、大手ならではの充実したシステムも、また強みと言えるでしょう。

おすすめポイント

Point 1. 幅広い情報をカバーできる社宅管理システム

東急社宅マネジメント株式会社の基本情報

対応エリア 全国
会社所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス22階
問い合わせ情報 電話:03-3344-3109
受付:10:00~12:00/14:00~17:00(平日のみ)
お問い合わせフォームはこちら

東急社宅マネジメント株式会社の詳細情報

【「東急グループ」所属会社という絶対のブランドと高い信頼性】

この東急社宅マネジメント株式会社に関する最大の特徴と言えば、なんと言っても「東急グループ」の一員というところでしょう。法人の一般社員であるならばともかく、幹部や重役の方であれば・・・

【解約の不安も解消!敷金返還率は業界トップとの情報】

東急社宅マネジメントは東急グループ所属の大手ということもあって、利用された、実際に社宅管理を代行されたという法人もかなり多いです。私が今回リサーチを行った結果・・・

【大手企業だからこその、提携不動産業者との強力な「斡旋力」】

東急社宅マネジメントの特徴およびメリットというのは、やはり東急グループ所属という立場によるブランド力と信頼力によるところが大きいです。大手企業を選ぶ場合は、こうしたメリットを受けられるというのが・・・

その他の社宅管理代行業者一覧

株式会社長谷工ビジネスプロクシー

株式会社長谷工ビジネスプロクシーでは全国2,000店の不動産会社と提携しており、借主の立場に特化した紹介体制を構築しているのが特徴です。WEBシステムの活用により、大幅な業務削減を実現。「レギュラープラン」「転貸プラン」「アンダーリースプラン」「社有社宅プラン」という4つのプランが用意されており、ニーズに合わせて選ぶことができます。

基本情報
対応エリア 全国
お問い合わせ方法 電話:03-5419-0621
問い合わせフォーム
住所 〒105-0014 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル
URL https://www.haseko-hbp.co.jp/
エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社

エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社は、バックオフィス業務をフルサポートしてくれる企業です。エヌ・ティ・ティグループ内のバックオフィス業務で培ったスキルやノウハウを活かし、企業の規模やニーズに合わせ、柔軟にサポートしてくれます。コンサルティングからオペレーションまで、課題解決に一貫して携わってくれるのが特徴です。

基本情報
対応エリア 全国
お問い合わせ方法 電話:0120-27-3622
受付:平日10:00~16:00
問い合わせフォーム
住所 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル7階
URL https://www.ntt-ba.co.jp/
スターツコーポレートサービス株式会社

スターツコーポレートサービス株式会社は不動産コンサルティングと社宅管理代行サービスを中心に、法人の不動産に関する課題を幅広くサポートし、解決に導いてくれる企業です。クライアント企業は約300社、管理戸数は10万戸以上。提携する不動産会社は全国に2,800店以上と、幅広いネットワークを構築していることが強みです。

基本情報
対応エリア 全国
お問い合わせ方法 電話:【社宅事業部】43-351-7188
問い合わせフォーム
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-8 スターツ日本橋ビル6F
URL https://www.starts-cs.co.jp/
住研ベネフィットサービス株式会社

住研ベネフィットサービス株式会社の社宅管理代行には3つのプランがあります。社宅の手配から管理業務まですべてお任せできる「フルサポートプラン」、必要なときに必要な業務だけを依頼できる「セレクトサポートプラン」、自社で社宅管理業務を行いたい法人向けにASP方式の社宅管理システムツールを利用できる「ライトサポートプラン」です。

基本情報
住所 〒354-0021 埼玉県富士見市鶴馬2608−7
URL http://210.235.157.87/company.php
東京建物不動産販売株式会社

東京建物不動産販売は15年以上にわたり、受託企業数・管理戸数を着実に増やし実績を重ねています。全国3,000店舗以上の不動産会社と提携しているので、選べる物件の数が豊富。また、実際に転勤する従業員に対しても発令直後から入居まで手厚いフォローをしてくれるので、従業員満足度の向上にもつながるでしょう。

基本情報
住所 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5−20
URL https://www.ttfuhan.co.jp/
株式会社 マイムコミュニティー

株式会社マイムコミュニティーは、社宅管理代行とマンション管理組合運営代行という2つの代行サービスを中心に事業を展開しています。社宅管理代行においては、契約業務から賃料などの支払い業務まですべてお任せできる「代行プラン」と、借主としてのリスクを軽減することができる「転貸プラン」があり、それぞれの企業のニーズに合わせて選ぶことができます。

基本情報
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-2-16
富久屋ニッカ 共同ビル7階
URL http://www.mym.co.jp/index.html
アクロス株式会社(Acros)

アクロス株式会社の社宅管理代行サービスには、トータルにサポートしてもらえる「フルアウトソーシング」、一部業務のみアウトソーシングできる「セレクション」、企業独自のシステムとして運用できる「Acros Web」という3つのプランがあります。これらのプラン以外にも、それぞれの要望に合わせた組み合わせでプランニングしてもらうことも可能です。

基本情報
住所 〒532-0003 大阪市淀川区宮原2-14-10 中尾ロイヤルビル
URL http://www.acros-jp.com/
株式会社 日立アーバンサポート

株式会社日立アーバンサポートは社宅管理代行サービスのほか、業務効率の見直し・改善やコスト削減、不動産の有効活用など、法人向けのサービスを中心に展開しています。社宅管理代行では、物件の紹介から管理業務までワンストップ体制でサポート。日立グループのネットワークを活かし、ドミトリータイプやワンルームタイプ、1棟借りやまとめ借り、社宅の統合や借り替えなど、幅広い物件の提案ができるのが強みです。

基本情報
住所 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-7−1
URL https://www.hitachi-urban-spt.co.jp/index.html
株式会社ベスト・ソリューション

株式会社ベスト・ソリューションは、社宅仲介や社宅借上代行業務を中心に法人向けの事業を展開しており、各専門分野に特化したプロがトータルでサポートしてくれます。社宅管理代行サービスに関しては170社以上の法人と直接取引の実績があります。事前に社内規定をデータ処理することで条件に合う物件のみを提案することができるので、最短でのマッチングを実現しています。

基本情報
住所 〒101-0047 東京都千代田区内神田2-11-6 喜助内神田ビル3F
URL https://www.best-solution.jp/index.html
青山コーポレーション株式会社

青山コーポレーション株式会社は1986年創業。35年以上にわたり、独身寮や社宅の企画・仲介・管理を専門に行っている企業です。社宅に特化しているからこそ圧倒的な物件の情報量を誇っており、急な転勤にもスピーディーに対応してもらうことができます。独自のサービスとして、通常の賃貸物件を家具家電付き物件として紹介してもらうことも可能です。

基本情報
住所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-2-10
坂田ビル9階
URL https://www.aoyama-corp.jp/

司ネットワークサービス株式会社を1位に選んだ理由と注目ポイント

司ネットワークサービス株式会社を1位に選んだ理由と注目ポイント
ランキング形式で社宅管理代行会社を紹介してきましたが、如何でしょうか?

業者にはそれぞれ良い特徴があり順位をつけるのはとても迷いましたが、初めて社宅代行を検討しているという方にも利用しやすい工夫をしている「司ネットワークサービス株式会社」を1位として紹介させて頂きました。

これから詳しく、注目したポイントを解説していきます。

■業務をカスタマイズして必要な分だけ依頼できる

まず、必要な業務のみ依頼でき、受託件数は1件から対応してくれるという点です。

これは小規模の企業や社内の入居希望者が少ないといった場合に、嬉しいサービスですね。

部分的に負担になっている業務を委託したり、まずは試してみることも出来ますのでアウトソーシングを行うか迷っている方にも良いでしょう。

■ウィークリーマンションサービスと借上社宅

次に注目すべきポイントは、社員の働き方や異動などにも対応しやすいサービスに力を入れている点です。

借上社宅は様々な場所から選べるため転勤者には最適ですが、一人一人別々の貸主に対応し手配を行い、契約を結ぶ、など工程が多く社有社宅よりも管理業務に手間がかかります。

社宅管理代行会社に依頼した方がクオリティが高いパフォーマンスとコスト削減が期待できるでしょう。

司ネットワークサービス株式会社はウィークリーマンションサービスの実績も十分あるため、転勤に対応した短期間滞在用の家具付き賃貸物件を紹介管理するだけではなく、出張で1日から利用できる物件、ホテルまで手配してもらえます。

出張の度に宿泊先の手配をすることは、なかなか大変なものです。

代行手配してもらえれば、他のメイン業務に集中できますね。

■他社との比較

社有社宅の管理にも対応している会社や実績数が自慢の会社もありますが、これから導入する方にオススメしたい業者となると、個人的には急な異動や出張にも一括で対応してくれる司ネットワークサービス株式会社が一番将来性を感じられ魅力的に思えました。

他にも敷金、礼金の補償制度を取り入れている会社や賃貸借契約を代行してくれる会社、豊富な物件紹介が魅力的な会社など、それぞれ特徴がありますので自社に合ったサービス内容を見極めましょう。

検討するにあたり、アウトソーシングサービスを取り入れる目的と現在の問題点をはっきりさせることが大切です。

  • 業務をカスタマイズして必要な分だけ依頼できるので、小規模な企業や社内の入居希望者が少ない場合に便利
  • ウィークリーマンションサービスの実績も豊富で、出張先の物件・ホテルの手配も行ってくれる
  • 急な異動や出張にも一括対応できる

おすすめの社宅管理代行業者、情報一覧

本サイトでおすすめした社宅管理代行会社情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の社宅代行会社で、細かいサポートにも力を入れている業者ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各社宅管理代行会社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名司ネットワークサービス株式会社株式会社 タイセイ・ハウジー日本社宅サービス株式会社株式会社リロケーション・ジャパン東急社宅マネジメント株式会社
住所東京都新宿区新宿1-16-10 コスモス御苑前8F東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-10 南新宿SKビル東京都新宿区箪笥町35番地 日米TIME24ビル東京都新宿区新宿四丁目2番18号 新宿光風ビル7階東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティータワー8F
連絡先03-5312-8299公式HPから問い合わせ公式HPから問い合わせ公式HPから問い合わせ03-5469-6331
注目サポートウィークリーマンションサービスで出張社員にも対応引越し手配、駐車場管理、家具のリースなどサポートが充実機密情報管理を徹底リロ補償で解約時の損失を補償
敷金立て替え
情報のバックアップ
プラン依頼者に合わせて代行業務内容をカスタマイズできる担当者に最適なプランを提示してもらえる調査からプラン設計、運用まで入ったトータルセットプラン社宅管理業務を全て一括代行コスト削減に注目したプラン
特徴ウィークリーマンションサービスの経験を生かして、様々な種類の社宅を提供
一件から対応している
日本で初めての代行サービス
管理システム「ANSWER」で90%以上管理代行
社有施設管理にも対応
紹介物件が豊富
賃貸借契約はリロケーション・ジャパンが代理で締結
Webで物件検索可能
全国の不動産業者から物件情報を提供
敷金返還率が高い
こんな依頼者様にオススメ初めて社宅導入を検討している方、中小企業実績の多い企業に頼みたい方細かいサポートを求めている方リスクを抑えた運用をしたい方不動産の相談に乗って貰いたい方
敷金が気になる方
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきはプランの違いや紹介物件といったところでしょう。

また、おすすめの社宅代行会社として、サービスが充実していることは大前提ですが、管理の対応範囲には違いが見えるので、自分の希望や理想にあった社宅管理代行会社を選び、現状よりもさらに人員コスト削減できるようにしていきましょう。

社宅管理業務と代行サービスについて

つぎに、実際に社宅管理業務を行う際にどんなことをしていく必要があるのか、どんなことを代行してくれるのかを見ていきましょう。1位でご紹介した司ネットワークサービス株式会社のように、代行範囲が選べる業者もあるので、できること・できないことを確認してみてください。

社宅管理業務の流れ

社宅管理業務には大きく分けて7つのステップがあります。

1.入居条件の設定と入居希望者審査
2.社宅の更新交渉
3.入居者や管理人との連絡
4.日常の保守点検・安全衛生管理
5.工事業者の手配や防火対策対応
6.社宅移転・廃棄時の必要事項作成
7.規定の制定

上記のようにおおまかな業務は「社宅」への入退去管理と、火災・災害の予防、建物の保守点検になります。なかでも、規定の制定は難しくイレギュラーが発生した際の対応などをあらかじめ整えておかなければ苦労することになるので注意しましょう。

社宅管理規定のポイント

つぎに、社宅管理規定の制定時に載せておきたいポイントを簡単にご紹介します。

■社宅管理規定
・目的について
・入居資格について
・管理担当について
・入居申し込みについて
・入居手続きについて
・入居について
・社宅、寮の変更時について
・入居期間について
・入居者の異動について
・長期間留守にする場合の対処について
・使用料について
・会社の費用負担について
・入居者の費用負担について
・退去手続きについて
・退去事由について
・原状回復について
・弁償について
・衛生について
・入居者の義務について
・禁止事項について
・入居者の責任について
・罰則について

誤った使用による罰則や禁止事項についてはしっかりと明記しておきましょう。また、退社時の立ち退きまでの期間や、無断退去時に荷物が残っていた場合の対処方法なども記載しておくとトラブルに巻き込まれにくくなります。

社宅代行サービスが代行する業務とは

つぎに、社宅代行サービスが代行してくれる業務について確認していきましょう。代行してくれる業務はおおまかにわけて7つです。

1.物件の手配
借り上げ社宅の場合は企業が定める条件をもとに、入居者自ら物件を探してくる必要があります。しかし入居者が一から規定に沿う物件を探すのは一苦労です。社宅管理代行サービスであれば、規定に沿う物件情報の提供や物件の下見手配などを一括対応してくれます。

2.新規契約の手続き
物件の申込や契約書の準備、入居者への説明なども社宅管理代行サービスが対応してくれます。新規契約時は、社宅規定はもちろん入居者の希望に合致する物件の斡旋申込みはもちろん、一時金の立替払い、契約書内容の精査や交渉、鍵の受け渡し、入居案内を行う必要があります。各社によってサービスは異なるため、詳細は企業ホームページをご確認ください。

3.賃貸料の支払業務
賃金の支払いは従業員の給与控除も考慮する必要があり、とても複雑な業務です。新規契約時代金の支払いや毎月の家賃支払い、更新料更新手数料の支払いや解約時修繕不足金についてなど、社宅管理代行サービスに依頼すれば金銭に関する業務を整理することができますよ。

4.契約更新の手続き
更新時には各種手続きが必要になります。更新連絡や通知の受領、更新条件の精査・交渉や、更新料の支払い代行に加え、更新契約書の作成や回収・保管などの業務が発生しますが、これらも社宅管理代行サービスならスムーズに対応してくれます。

5.解約時の手続き
解約時には、解約申し込みの受付からはじまり、管理会社・家主への解約通知、鍵の返却、原状回復費用の内容精査や交渉、解約清算、敷金残高管理業務、解約書類の作成・提出・保管業務が発生します。

6.帳票の作成
社宅管理業務では、税務署に提出しなければならない帳票の作成が必須になります。帳票だけでも8種類(入居清算明細、解約清算明細、更新時精算明細、月例支払明細、敷金残高表、月次請求書、返金明細、支払調書の作成、等)の作成が必要になりますが、これらもしっかり代行してくれるサービスがあります。

7.その他
上記以外に、入居者の入れ替えや退去時に発生するルームチェック・リフォーム手配、管理会社の対応や折衝、トラブル・苦情対応などをサポートしてくれますよ。

  • 社宅管理業務には複雑な業務が多い
  • これらの業務を一括代行してくれるのが社宅管理代行サービス
  • 折衝対応やトラブル対応も依頼できる

社宅管理代行サービスを取り入れるメリット

社宅管理代行サービスを取り入れるメリット
そもそも社宅を導入する理由は、福利厚生を充実させて社員の満足度をあげるため、または転勤があった際のサポートとして必要ということが大きいでしょう。

近年の動向としては特に転勤者が利用するケースが圧倒的に多く、管理業務の複雑さに頭を悩ませている事業者様もいらっしゃると思います。

そこで代行サービスを実際に利用した場合、どのようなメリットがあるのか解説していきたいと思います。

■メイン業務に集中できる

まず基本的なことではありますが、業務をアウトソーシングするため担当者の負担を軽減することが出来ます。

全ての社宅管理業務を自社で行うことにすると、物件探し、契約、入退居手続き、設備点検、支払調書の提出など業務 範囲が広く担当者に大きな負担が掛かります。

また忙しい年末や新卒採用時期に契約、解約手続きが集中するため、社宅のことを全てアウトソーシングサービスにお任せできるのは、とても助かります。

メイン業務のクオリティ向上にも繋がるでしょう。

■コストを削減できる

社宅管理代行会社では、宅建や賃貸借契約などの専門知識を持ったスタッフが無駄なコストを省きつつ管理を行います。

たとえば、物件を解約する時に原状回復費の件でトラブルになるケースは多いですが、貸主との交渉を上手く行い料金を抑えるなどの対応をしてくれます。

また、家賃や敷金などの支払い先を一つに絞り一括管理することにより、余計な振込み手数料が掛かりません。

専門家の視点で、余計な費用が掛かっている箇所を見つけてもらえる上に、自社の人件費削減にもなるのです。

■契約書を確認してもらえる

借上社宅の場合、家主が個人であることが多いため、契約、交渉がスムーズに進まないケースがあります。

気がつけば、こちらに不利な条件で契約書が作成されていたということもあるそうです。

代行サービス会社に頼むと、後々トラブルにならないよう賃貸借契約に詳しいスタッフが書類をよく確認し契約を結びます。

豊富な不動産知識を借りられるのは心強いですね。

■入居する社員の満足度が向上する

社宅内では設備の故障や騒音問題など、トラブルは意外と多いものです。

そんな時、入居する社員に対してスムーズに対応することが求められます。

自社で対応する場合、他の業務で手が回らず対応が遅れ、社員の不満が募ることもあるでしょう。

代行会社では対応窓口を用意していたり、メンテナンスの手配など問題解決に必要な業務を全て迅速に行ってもらえます。

社員の住環境が良くなれば、仕事でもより良い成果をあげるようになるでしょう。

  • 社宅の管理業務の担当者の負担を減らせるので、社員がメインの業務に集中できる
  • 専門スタッフが無駄なコストを省きつつ管理をしてくれるうえ、貸主との交渉も上手く行いトラブルを回避してくれる
  • 一括管理で余計な手数料がかからない
  • トラブル対応窓口やメンテナンスの手配を即座に行えるよう整っているので、入居者(社員)の満足度が高い

社宅管理代行サービスのデメリット、リスクとは

社宅管理代行サービスのデメリット、リスクとは
社宅管理代行サービスには良い部分が沢山ありますが、やはり注意点も存在します。

この項目ではサービスを導入する上で、どのような点がデメリットやリスクになり得るのかご説明します。

■手数料がかかる

代行サービスを利用するということは当然ながら料金が発生します。

委託内容や契約内容にもよるのですが、1戸あたり1000円~2000円程度になります。

また、1部屋手配するごとに手数料が発生しますので総合的に見てアウトソーシングした方が得になるのかどうか見極めることが必要です。

■情報の共有が上手くできないことがある

物件を契約してから解約するまでに起きた、社員ごとの個別のトラブルなどが代行会社から伝わらない場合があるようです。

これは委託しているからこそ起きる問題ですね。

他にも、代行会社から送られてきた支払い調書や書類の確認に時間が掛かってしまうといった問題もあります。

不要な情報が送られてきても混乱を招くため、事前にどの範囲の情報を共有する必要があるのか確認しておくことが大事になります。

■押印代行を依頼した場合、印鑑を悪用されるリスクがある

代行サービスでは賃貸契約を行う際に印鑑を預けて代理で押印してもらうことも可能です。

しかしこれには、代行会社に勝手な条件で契約を締結されてしまうリスクが伴います。

印鑑を預ける前に、本当に信用できる業者であるのか、よく確認することをおすすめします。

また、本来の目的外に印鑑を悪用した場合、損害賠償が請求できますので覚えておきましょう。

  • 代行サービスには1戸あたり1000円~2000円程度の手数料がかかる
  • 情報共有が上手くできないことがある
  • 代行会社から送られてきた支払い調書や書類の確認に時間が必要
  • 押印代行時に預けた印鑑を悪用される可能性がある

代行会社で建物賃貸借契約はどのように行われるのか

代行会社で建物賃貸借契約はどのように行われるのか
■建物賃貸借契約とは

そもそも建物賃貸借契約とは何なのでしょうか。

これは、物件を借りる際に必ず必要な契約で「普通建物賃貸借契約」と「定期建物賃貸借契約」の2種類に分けられます。

「普通建物賃貸借契約」は契約の更新拒絶や解約をする際に正当な理由が必要になりますが、「定期建物賃貸借契約」は始めから契約期間が決まっており更新をしないという条件で契約するという違いがあります。

また、一般的に建物賃貸借契約と呼ばれているのは「普通建物賃貸借契約」です。

どちらの形態で契約を結ぶ方が良いかは条件によりますので、代行会社に確認をしましょう。

■代理捺印の方法

建物賃貸借契約をするには印鑑が必要です。

しかしながら、会社の体制として一件一件、承認することに時間がかかるケースがあります。

そんな時は代行会社に捺印を依頼すると便利でしょう。

具体的にはどのような方法があるのか説明します。

代理捺印には、印鑑を預けて押印してもらう方法と代行会社に代理人として捺印してもらう方法があります。

どちらも便利そうですが個人的には、印鑑を預けず代理人として捺印してもらう方法をおすすめします。

それは前の項目でもご説明した通り、印鑑を預け、契約を委託することに伴う大きなリスクを少しでも減らすことが出来るからです。

本来の目的外に印鑑が利用された場合は損害賠償の請求を行うことも出来ますが、紛失、盗難にあってしまった場合には預けた企業側に責任があるとされることが多いです。

サービスの便利な部分だけに注目するのではなく、預けるとそのような危険があるということは頭に入れておきましょう。

また、預ける方を選択した場合、社印は代表者印ではなく社宅専用の印鑑を用意することをおすすめします。

■転貸サービス

近年、アウトソーシングのサービスとして「転貸」という形態での賃貸借も行われるようになってきました。

これは貸主と企業が直接賃貸契約を結ぶのではなく、社宅管理代行会社が契約した物件を利用者に貸し出すという仕組みです。

なぜこの仕組みが注目されているかというと、通常「預入資産」となる敷金を経費として扱うことができるからです。

経費に入れられれば、税金対策にもなりますよね。

物件の貸主と利用者が直接やりとりを行う必要がないため、トラブルが発生しにくいというのも良い点です。

そして、転貸を利用すること以外にも、代行会社は敷金の預け入れの代わりになる資金対策や返還されるようなサービスを行っていることがありますので確認してみましょう。

敷金は原状回復費用として利用されるケースが多いことにも注意が必要です。

  • 定期建物賃貸借契約は始めから契約期間が決まっており更新をしないという条件で契約する方法で、一般的に建物賃貸借契約と呼ばれているのは普通建物賃貸借契約
  • 契約時には印鑑が必要で、押印の代行も可能
  • 社宅管理代行会社が契約した物件を利用者に貸し出す「転貸サービス」を行うところもある

社宅管理代行会社を選ぶ際に見るべきポイント


さて、これまで社宅管理のアウトソーシングに関して様々な視点からご説明してきましたが、選定する際に確認すべきポイントをまとめたいと思います。

■機密情報の管理

まず、業務内容やプラン、料金の比較は当然ですが個人情報や機密情報の管理方法も見ておきましょう。

基本的なことではありますが、セキュリティの問題は代行会社の信頼度に大きく関わります。

社員の方が安心して利用するためにも大事なことですね。

■物件紹介

次に物件を斡旋する方法です。

専門スタッフが在籍しているのか、社宅管理代行会社自体が賃貸契約を結んでいるのか、それとも外部の不動産会社と提携しているのか、など比較しましょう。

これは斡旋してくれる物件の量や質に影響してきます。

また物件情報をスピーディーに得られる仕組みが整っていれば急な人事異動にも対応しやすくなります。

■受託実績

そして、受託実績の比較です。

この数値だけが代行会社の評価の全てではありませんが、人気のある会社を見ることは選定する上で大変参考になります。

自社に必要なサービスが明確になりやすいからです。

調べてみると自社では必要のないサービスがセットプランに含まれていることもありますので、臨機応変に対応してくれるフットワークが軽い会社を探してみるのも良いかもしれませんね。

気になる代行会社を見つけたら、まずは問合せをして資料を見せてもらいましょう。

管理方法の仕組みを代行業者に確認し、一度シュミレーションを行うと実際に導入した時のイメージが掴みやすくなると思います。

自社と相性が良さそうな会社を見つけるためには、どんな効果が期待できるのか想像する力が大切です。

  • 社員が安心して生活できるよう代行会社が適切なセキュリティ環境であるか確認しよう
  • 物件の斡旋方法をチェックすれば斡旋してくれる物件の量や質が分かる
  • 物件情報をスピーディーに得られる代行会社は急な人事異動にも対応しやすい
  • 必要なサービスが明確になりやすいため、受託実績の豊富な代行業者を重視しよう

まとめ

まとめ
おすすめの社宅管理代行会社をまとめてみましたが如何でしょうか。

私自身、調べるうちに業務範囲があまりに広く、自社の人事部だけで管理業務を行うのは無理があると感じ導入を決めました。

現在迷っている方のお力になれれば幸いです。

司ネットワークサービス株式会社を1位として紹介させて頂いた理由は、業務をカスタマイズして必要な分だけ依頼できるため、初めて導入する方にも利用しやすいからです。

さらにウィークリーマンションサービスの実績を生かして、出張者や転勤者向けの手配も一括で管理してもらえます。

代行サービスを取り入れるメリットとしては、業務のスリム化、コスト削減、社員満足度の向上などが挙げられます。

しかし、サービスの良い面だけではなく悪い面も把握することが大切です。

料金や手数料は得られるサービスに見合うのか、情報共有方法の問題、印鑑悪用リスクなど少しでも解消できるように工夫が必要です。

また代行会社を選ぶ際に見るべきポイントは機密情報の管理、物件紹介方法、受託実績などになります。

是非、このサイトを参考に社宅管理のアウトソーシング導入を検討してみてください。

社宅管理代行業者を選ぶポイントは?

今回、社宅管理の代行業者を選ぶポイントや豆知識等をお伝えしました。最後にですが、私の方で独自に行なった「社宅管理代行業者を選ぶポイントは?」というアンケート調査の結果を皆さんにお伝えしたいと思います。

代行管理業者選びはご自身の目線・考えだけでなく、さまざまな方の意見を参考にするのが間違いなく良いです。それでは結果をご覧ください。

今回のアンケートの結果、最も多い投票数を獲得したのは「ニーズに合わせて臨機応変に対応してくれる」となりました。社宅に求めるものは、各企業毎に千差万別と言えます。一様にプラン・内容が決定されていて、臨機応変さに欠けては不親切とも言えるので、この点は重要ですよね。

次に、同じ投票数を獲得したのが「担当者の対応」「対応がスピーディー」となりました。社宅の導入や、管理に関する変更等は突然に起こりうるものですので、スピーディーかつ信頼のおける業者に依頼をしてみたいとは当然思うものです。

そして、「代行する範囲が大きい」も多くの投票数を獲得しました。社宅管理の代行業者毎に、対応可能なサービス領域は異なるのでこの点も見逃せません。

以上、アンケート結果をお伝えしました。アンケートの投票数を多く獲得したポイントを満たしているかどうか?という視点で、社宅管理代行業者を見極める・比較し依頼してみることをおすすめします。

 

【FAQ】よくある質問


物件探し、契約手続き、各種支払い代行、解約手続きなど、80~90%程度の業務が削減可能です。


家主や管理会社へ通知の上、移管することが可能な業者が多くなっています。


新しく社宅規定を設けるときのサポートや、現在の社宅規定の見直しについてサポートしてくれる業者が多いようです。


少ない戸数でも委託可能な業者もあります。


一棟丸ごとの借り上げも可能な業者が多いようです。


業者によって異なりますが、水道・電気・ガスといったライフライン関係の手続きは入居者本人が行うケースが多いようです。

記事一覧

【詳細】 会社名:株式会社長谷工ビジネスプロクシー 住所:〒105-0014 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル TEL:03-5419-0621 株式会社長谷工ビジネスプロクシー ・・・[続きを読む]
青山コーポレーション株式会社は1986年創業。35年以上にわたり、独身寮や社宅の企画・仲介・管理を専門に行っている企業です。社宅に特化しているからこそ圧倒的な物件の情報量を誇っており、急な転 ・・・[続きを読む]
株式会社ベスト・ソリューションは、「Good Smileの共有」「Good Lifeの提案」「Good Companyへの成長」という3つのGoodの実現をコンセプトにしている企業です。社宅 ・・・[続きを読む]
株式会社日立アーバンサポートは1967年設立。社宅管理代行サービスのほか、業務効率の見直し・改善やコスト削減、不動産の有効活用など、法人向けのサービスを中心に展開している企業です。 社宅管理 ・・・[続きを読む]
アクロス株式会社の社宅管理代行サービスには、3つのプランがあります。「Aプラン フルアウトソーシング」は、物件探しから契約手続き、家賃の支払い、支払調書までトータルにサポートしてもらえるプラ ・・・[続きを読む]
株式会社マイムコミュニティーは、社宅管理代行とマンション管理組合運営代行という2つの代行サービスを中心に事業を展開している企業です。社宅管理代行サービスにおいては、契約業務から賃料などの支払 ・・・[続きを読む]
東京建物株式会社は、1896年に設立された日本における総合不動産業のパイオニアとも言うべき企業です。東京建物不動産販売株式会社は、そんな東京建物グループの不動産流通部門を担う会社として198 ・・・[続きを読む]
住研ベネフィットサービス株式会社の社宅管理代行には3つのプランが用意されています。まずは、社宅の手配から管理業務まですべてお任せできる「フルサポートプラン」です。全国約40万戸から、条件に合 ・・・[続きを読む]
スターツコーポレートサービス株式会社は、不動産コンサルティングと社宅管理代行サービスを中心に、法人の不動産に関する課題を幅広くサポートし、解決に導いてくれる企業です。社宅管理代行サービスを開 ・・・[続きを読む]
エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社は、社宅管理代行サービスのほか、人事・給与・福利厚生・総務など、企業のバックオフィス業務をフルサポートしてくれる企業です。エヌ・ティ・ティグループ内 ・・・[続きを読む]
社宅管理は人事労務にとって、頭を悩ませる業務です。そうした業務を引き受けてくれるのが、社宅管理代行業者です。ですが、業者によっては十分なサポートを得られなかったり、必要な手続きができずに入居 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行と転貸。これらの違いはどこにあるのか、得られるメリットについてご説明します。 「代行」と「転貸」の違い 社宅代行サービスは、社宅管理の代行です。家賃の支払い、部屋探しの契約代行な ・・・[続きを読む]
社宅管理代行サービスは、企業が抱える社宅管理業務を請け負うサービスです。それにより、企業はコスト削減や業務集中を図ることが出来ます。同サービスは社宅管理業務を代行するだけでなく、借り上げ社宅 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行は、企業等が福利厚生の一環として社員に提供する社宅や社員寮の管理業務を代行する、一種のアウトソーシングサービスです。自ら管理する場合と比べて運営が合理化できるばかりでなく、上手に ・・・[続きを読む]
福利厚生の一環として、社宅を従業員に提供することも多いと思います。従業員は通常の賃貸住宅を借りるよりも割安に住まいを確保できるので、大きなメリットがあります。敷金や礼金などまとまった資金を用 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行というのは、多種多様な社宅関連業務を一括で代行しているサービスです。貸主との話し合いや契約処理、社宅の原状回復費用のコントロールなども行っています。 ただでさえ社宅管理は大変な業 ・・・[続きを読む]
会社は従業員が安心して過ごせるように、職場環境を整えることが重要です。その職場環境を整える取り組みの一つが、経理の一部を利用して土地を購入し住宅を建てる社宅です。社宅を設置することによって、 ・・・[続きを読む]
社宅管理は自社で行うことも不可能ではありません。しかしその管理にあたっては、さまざまなことをしなければなりません。そのため、その管理にあたっては代行業者を利用するのがおすすめです。そこで本記 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行を活用することにより、企業の人事部門の作業負荷が軽減されていきます。社員に入居させる社宅物件の管理にはそれなりの手間を要するものです。入居や退去、契約更新から税務署への対応などの ・・・[続きを読む]
社宅制度を導入している、または導入を考える企業では、社宅の状態が社員の勤労意欲にも影響するため、社宅の満足度の向上が課題となるはずです。そのため、社宅管理代行を利用してサービスの質をよくする ・・・[続きを読む]
社宅管理代行はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、企業の社宅の管理に関する一連の業務を代行することです。社宅の管理は専門的な知識が必要なことも多いので、代行に依頼したほうがよいでしょう。 ・・・[続きを読む]
近年社宅管理代行会社に業務を委託する会社が増えています。しかし社宅管理代行といっても、どのような業務を代行してくれて、どのような効果をもたらしてくれるのか、メリットは何なのかがいまいちわから ・・・[続きを読む]
社宅管理代行は社宅のメンテナンスを行うだけではありません。清掃はもちろんですが、管理まで行うので、社宅を快適な空間にする業務全般を担っています。新しい生活様式に適した環境づくりの点でも、ノウ ・・・[続きを読む]
社宅管理は企業が従業員に対し社宅を提供する場合、企業が行うべき社宅の管理のことです。業務は入居などの手続き、災害時などの保守点検、不動産会社などの資料作成など、業務は多岐にわたります。人事労 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行サービスは社宅管理業務を外部の企業にアウトソーシングするサービスです。部分的に依頼できたり、業務のほとんどを任せることができます。社内スタッフの業務負荷を削減できたり、コスト改善 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行のサービスとは、一体どのようなものなのか気になりませんか。このサービスは、ちょっと聞き慣れないような複雑そうな名前をしていますよね。だからこそ親しみを持てるように勉強してみたいと ・・・[続きを読む]
社宅管理代行サービスは社宅管理のほとんどの業務を代行するサービスです。社宅管理業務は賃貸物件を探すなど専門知識が必要になるため、代行サービスはさまざまな企業で利用されています。食堂の管理も行 ・・・[続きを読む]
近年では社宅の管理を代行するサービスがあり、こうしたサービスを提供している会社に社宅の管理を依頼する企業も増えているようです。しかしメリットがある反面トラブルが起こることもあります。では社宅 ・・・[続きを読む]
社員などが居住地から離れて働かないといけない場合、社宅を提供しなければいけません。会社の規模が大きくなれば、それだけしなければならないことが増えるものです。そのような社宅の管理に関する業務は ・・・[続きを読む]
社宅管理を行う場合、さまざまな業務があるため、専門知識や技術が必要です。そのため社宅管理でのトラブルを回避するには、プロの社宅管理代行会社に業務を依頼する方法が有効です。しかし社宅管理代行会 ・・・[続きを読む]
生活をするとなれば、近隣住民と接することになります。きちんと常識的な行動をしていればトラブルなど生じませんが、自分が気を付けていても近隣住人が周囲に対して気配りしない性格などの場合には騒音ト ・・・[続きを読む]
社宅は社員に安く住居を提供するほか、社員の税負担軽減なども目的にしています。自己所有・賃貸など利用形態には違いがありますが、利用者が少数でも不動産管理特有の手間やトラブル解決などへの対応は必 ・・・[続きを読む]
社宅を借りると必ず発生する管理業務は、日々の管理以外にクレーム対応や法律的な判断など幅広く、自社だけで対応しようとすると本来福利厚生の目的で社宅を取り入れたのにも関わらず業務過多につながるこ ・・・[続きを読む]
社宅を運用には不動産知識が必要であり、多くの業務が発生します。そのため、社宅の日常管理を含めた各種のサービスを提供する社宅管理会社が登場し、ニーズを捉えて成長しています。社宅管理代行には代理 ・・・[続きを読む]
社宅を保有すると、物件探しからオーナーとの賃貸借契約の締結、入居してからのアフターフォローなどいろいろな業務が発生します。これらの業務負担を肩代わりしてくれるのが社宅管理代行会社です。社宅管 ・・・[続きを読む]
社宅の規模はさまざまですが、管理業務の範囲は非常に幅広く煩雑です。日常的管理業務から法律対応が必要な場面までをすべて自社で対応するのは負担が大きく、福利厚生の一環であるはずの社宅が業務を圧迫 ・・・[続きを読む]
社宅管理には社宅管理代行サービスを利用してみましょう。社宅管理の業務など専門的な知識が必要であっても知識をもったスタッフが対応してくれます。また、ただ管理をするというだけでなく交渉、クレーム ・・・[続きを読む]
社宅を管理するという場合には、社宅管理代行を利用するほうがいいのか、自社対応にしたほうがいいのか判断する必要があります。代行を利用することでのメリットを知り、どのような違いがあるのかきちんと ・・・[続きを読む]
社宅管理代行は、依頼する会社にとってメリットがあるだけではないようです。入居する社員、その中には、会社都合による異動というケースもあるでしょうが、サポートやフォローなどまでおこなってくれるの ・・・[続きを読む]
社宅は従業員の福利厚生手段として需要が高いです。社宅管理にはさまざまな手間がかかり、さまざまな手続きをする必要もあります。社宅管理の業務の負担を抑えるには、社宅管理代行会社に社宅管理を依頼す ・・・[続きを読む]
社宅管理代行業者では、自然災害などへの対応に迅速に応えてくれるのでしょうか。社員もそうした意識改革が必要ではあります。訓練などが実施できるのか、それが可能ならばどんな体制なのかも気になる点で ・・・[続きを読む]
不動産などあらゆる知識が必要になるのでとてもややこしいのが社宅管理です。社宅管理代行業者に依頼することであらゆる手間を省くことができる上、万が一のトラブルも未然に回避できます。管理人への対応 ・・・[続きを読む]
企業が社員のために用意する住宅が、社宅です。福利厚生の充実や社員の税負担軽減などが目的となりますが、特に管理する戸数が多いときには、会社の経理にとって大きな問題になりかねません。そんなときに ・・・[続きを読む]
社宅管理代行は社宅の管理に関する業務を管理会社などに代行しておこなってもらう便利なサービスです。そのようなサービスを利用するとき、社宅管理代行導入までどのくらいかかるのでしょうか?そこで、期 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行とはいっても、借上社宅だけにしか応えていないところもあるでしょうが、自社所有物件があるのなら、サービスを利用できるのか、気になるものです。企業としても所有しているからこそ、宝の持 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行サービスを導入したい、そうした考えの企業にとっては、導入する際のコストが気になるものです。どれだけ費用がかかるのか、敷金は必要なのかなど、事前に金銭面に関しては下調べをしておきま ・・・[続きを読む]
会社が人材を集めるためには、福利厚生などのメリットを揃える必要があります。理由は応募者が労働力を提供する代わりに受ける特典で、やる気の維持に繋がるためです。そこで、福利厚生の一つとして社宅制 ・・・[続きを読む]
社員も企業が提供する社宅を借りる傾向にありますが、企業も不動産を借りることもあるでしょう。それが社有社宅なのか借上社宅なのかという違いでもありますが、この2種類にはどんなメリットやデメリット ・・・[続きを読む]
企業のサービスが高度化するにつれて、分業への重要性が高まっています。社宅管理は従来ではその会社がおこなっておりましたが、こうした社宅管理なども、代行サービスにアウトソーシングするのが可能とな ・・・[続きを読む]
社宅管理代行サービスを利用している企業では、経費削減に成功しているともいいます。これから利用したい考えでいるなら依頼する費用が気になるでしょう。社有社宅と異なり、借上社宅での依頼ならばいった ・・・[続きを読む]
企業で働く社員にとっては、社宅などが職場近くにあると多くのメリットがあります。ですが、企業側にしてみると、社宅管理において煩雑な業務による負担などが大きく、その業務負担を軽減することが大切で ・・・[続きを読む]
企業で働く従業員のための社宅は、貸与することによりさまざまな業務が出てきてしまうため業務負担が発生します。このような場合には、業務負担を軽減するためにも、企業内の従業員で業務をするのではなく ・・・[続きを読む]
社宅管理に悩んでいる企業は多いです。こうしたときに活用したいのが社宅管理代行サービスです。社宅を管理する際には、管理会社とのやり取りが必要になり、入退室管理などの作業も必要になります。契約書 ・・・[続きを読む]
社宅を持っているならば、社員が生活をしているはずです。賃貸となるならば、そこにはさまざまなトラブルが発生する可能性はないでしょうか。代行、委託するサービスを利用するならば、そうした問題を解決 ・・・[続きを読む]
最近では自社の社宅を社宅管理代行業者にアウトソースする企業が増えてきています。契約書類の作成から、物件の管理だけでなく、社宅を探していると物件探しまで行ってくれます。 会社の希望に合わせ、短 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行を利用することで、企業側は管理の手間が省けるなどのメリットが生まれます。ですがメリットがある一方で、依頼企業の中にはサービスを利用することで悩みがあるケースも見られます。 そこで ・・・[続きを読む]
近年は効率的な企業の経営が求められています。社宅管理もそうした業務の一つであり、自社管理による負担を考慮して、最近では多くの企業で社宅管理代行サービスを導入しています。 こうした状況から、そ ・・・[続きを読む]
優秀な社宅管理代行業者を利用できれば、より良い形で管理してもらえる可能性が高くなります。ですが良いところを利用したいと思っていても、見分け方がわからずに思うように対応できないというケースも見 ・・・[続きを読む]
会社員の福利厚生の一つが遠方から会社への移動距離負担を無くすために用意する社宅です。 社宅を用意することで安心して仕事に励むことができますが、ただ会社は社宅の運営もしないといけないので負担が ・・・[続きを読む]
福利厚生事業の一環として社宅を提供することは、社員の定着率を高め、優秀な人材を確保するのに役立つため、導入する企業が増えてきています。 ただ、当然ながらその管理には手間がかかります。 そのた ・・・[続きを読む]
近年は企業が抱える社宅についてその管理を専門の管理会社へ代行させる社宅管理代行が注目を集めています。 企業では経費節減のため少数精鋭主義を取っているところが多く、その一環として企業が抱える社 ・・・[続きを読む]
自社で従業員のために社宅を持っていることは多いです。しかし、どちらも入居者からの質問や相談は管理元である自社の管理部門に集中してしまいます。これでは不都合が多くなりますし、仕事も増える一方で ・・・[続きを読む]
社宅の管理にかけていた時間や手間などをカットしたいという企業も少なくないと思います。ただ、そのような会社の中にはいわゆる悪徳業者というものが存在します。 そのような業者に依頼をしてしまうと、 ・・・[続きを読む]
皆様の会社の中には、社宅を持っている所もあるかと思います。 自社で管理をおこなうと、慣れていないことによる無駄な時間や、時間をかけてしまうことによる余分なコストがかかってしまいます。そのよう ・・・[続きを読む]
社宅を会社の方で運用する場合、実際にはさまざまな不動産に関する知識なども必要とされることが多く、手間がかかってしまいます。 そのため、現在ではそうした手間を省略するという目的からも社宅管理代 ・・・[続きを読む]
従業員の福利厚生の一環にもなっている社宅ですが、会社側としても従業員としてもメリットもありますが、逆に不満に感じる点も多いのが原状です。 それを解決しつつ、中身の濃いものにするのに注目を集め ・・・[続きを読む]
社宅管理代行業者というと、その名のとおり社宅を管理する専門の業者です。 しかし、実際にはどんな業務を行っているのか詳しく知らない人は多いことでしょう。 例えば、物件の紹介もしてくれるのかどう ・・・[続きを読む]
社宅管理代行業者というものがあります。 社宅を管理してくれるので会社側としてはとても楽です。 依頼するからには、まずその流れについて把握しておきましょう。 長期もしくは短期というようにそれぞ ・・・[続きを読む]
自社の社員全ての人が、心から満足するような行き届いた社宅管理を、自分の会社のスタッフだけで行うことは簡単ではないでしょう。 自分の会社のスタッフだけで社宅管理を行うと細かい所の配慮が行き届か ・・・[続きを読む]
社宅管理代行業者を利用する企業が増えてきています。 しかし、利用するからには費用がかかることでしょう。 例えば、手数料はどのくらいかかるのか気になる企業もあるはずです。 もちろん利用する業者 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行業者を選ぶ際の注意点としてよくあげられるのが、サービス面での特徴がどのようになっているのかという点です。 社宅を用意する企業は海外にまで支社などを持つグローバルな大会社から、地域 ・・・[続きを読む]
かつては社有社宅が主流でしたが、その後は必要な部屋数だけを不動産会社から借りて社員に提供する借り上げ社宅に人気が集まり、世の中では借り上げ社宅の導入が広がりを見せていました。 このように変化 ・・・[続きを読む]
社宅は企業の福利厚生の一環として従業員の数に比例して提供している会社が多いと言えます。 高度背経済成長時代には会社が所有する住宅を従業員に社宅として提供するばかりか、管理運営までも自社関連会 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行という聞き慣れない言葉が最近巷では流行っています。 確かに会社には社宅がつきものという時代はとうの昔に過ぎ去ったかもしれません。 社宅で生じる出来事の全責任が会社に降りかかってく ・・・[続きを読む]
賃貸物件にも様々な形がありますが、その中でも社宅に住んでいる方なら何度か聞いたことがあるかもしれないのが、社宅管理代行サービスです。 それは社宅管理代行会社が契約に基づいて行っているサービス ・・・[続きを読む]
社宅管理はいろいろな業務があり、人的リソースを割かなくてはいけない業務です。 専門知識や技能などが必要になるので、スタッフの負担は大きくなるでしょう。 社宅管理代行サービスを利用すると、業務 ・・・[続きを読む]
社宅管理代行は社宅管理業務を外部企業に部分的にアウトソースすることができるサービスです。 部分的ですが、信頼できる業者なら業務の90%以上任せることが可能です。 社内担当者の業務負荷を大幅に ・・・[続きを読む]
社宅管理にはいろいろな業務があり煩雑です。 そこで、様々なトラブルを解決する対策として、代行サービスを導入している会社があります。 社宅管理代行サービスにはいろいろなメリットがあり、効率良く ・・・[続きを読む]