社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行に依頼する費用はいくらくらい?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05

社宅管理代行サービスを利用している企業では、経費削減に成功しているともいいます。これから利用したい考えでいるなら依頼する費用が気になるでしょう。社有社宅と異なり、借上社宅での依頼ならばいったいいくらかかるのか、そこをしっかり調べるためにはどんなことをするのがいいのか、依頼をする前に調べてみましょう。

業務内容によっては費用もかかる

企業にとって経費の節約は重要でしょうし、ケースバイケースではありますが、社宅管理代行サービスを利用することで2割~3割程度のコストダウンが図れるとも謳われています。今は、優秀な管理会社ばかりがサービスを提案していて、効率的な運営はウリの1つです。

ここで気になるのは依頼する費用の問題ですが「いくら」とは一概にはいえないようです。そもそも、社宅管理代行サービスの内容もさまざまです。一般的には、契約手続きなどを含めた入居者のためのサポートをしたり、データ管理でしょう。

また「社有と借上」では管理する項目が異なることをご存知でしょうか。社有社宅では設備管理から資産管理をおこないますが、借上社宅では設備管理は家主がおこなうので、入退管理、契約や支払管理などをおこないます。

このように、どこまで依頼するのかによって費用も異なることが理解できるはずです。もちろん、管理会社は経験豊富ですから、それだけ能力給という考えで請求する管理会社があってもおかしな話しではありません。

しかし、経費削減を目的としていることも熟知している管理会社は、予算をヒアリングし、適正化した金額を提示してくれるともいいますから、安心して任せることができます。

もちろん、費用がかかることがネックであれば、すべてを任せるのではなく、一部業務のみを代行させる(フレキシブル運用)で、ぐっと金額を抑えることが可能になります。

目安となる見積もりを取ることがポイント

管理会社に依頼する費用に関しては、管理会社によって日割り計算することもあるようで、その場合1日1万円程度に設定されているようですが、責任をともなうセキュリティの問題なども加味し、金額を高く設定する管理会社もあるそうです。

明朗であるかという点だけでいえば、安さを謳うだけの管理会社は避けておきましょう。契約する前には、追加料金やオプションなどにて不当な請求がされないのか、見積もりを必ず取りましょう。業務ごとの料金体系が明確化されていることもポイントですから、プランの提案ならび見積もりの提示をしてくれる管理会社を選択しましょう。

手数料もかかるから確認しておこう

依頼する費用はいくらくらいになるのか、その平均・相場を知るには、1社だけでなく比較検討するために複数社から見積もりを取りましょう。

同じ条件でも管理会社によって開きがあることも見受けられますから、可能な限りは実績が豊富で経験が蓄積されている管理会社から見積もりを取りましょう。社宅管理代行サービスを始めたばかりより、長く続けていれば対応力にも差が出るといいます。

ちなみに、委託や契約内容にもよりますが、借上社宅の場合には手数料もかかります。1戸あたり1000円~2000円程度になるようですが、個人や機密情報の管理も任せるということで、総合的に得をするのかを見極めることも必要です。

 

経費削減を考えて、社宅管理代行に依頼するのならば、その費用が気になるものです。いくら、という断定的な料金がいえないのも事実です。というのは、社宅管理代行サービスとはいっても、その内容はバリエーション豊富ですから、プランも依頼する企業によって異なるものになるからです。

いくらかかるか知りたいのなら、見積もりを取ることや、複数社と比較すること、情報をホームページなどから収集することなどで知るようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧