社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行を代行会社に頼めばコスト削減につながる

社宅管理代行は社宅管理業務を外部企業に部分的にアウトソースすることができるサービスです。

部分的ですが、信頼できる業者なら業務の90%以上任せることが可能です。

社内担当者の業務負荷を大幅に削減することができ、コスト改善にも繋がります。

自社の社宅である以上管理面や手続き面においてアウトソースできない業務がいくつかありますが、さまざまな業務を外注することができるので便利です。

社宅利用者の利便性が高まります

日本の企業において社宅というとその多くは「転勤借上社宅」を意味し、その管理は多種多様であったり特殊なものもあります。

きちんと管理しようとすると担当者の負荷になりがちで、いくつかポイントがあります。

例えば物件所有者は個人の場合が多いので、契約や交渉・原状回復などに専門スキルが必要になるでしょう。

地域によっては商慣行が異なるので、一元管理が難しいケースもあります。

敷金や家賃の支払い日といった通常取引とは異なる出金管理も必要になるので注意が必要です。

社内の異動に伴い管理業務が短期的に集中しがちになるので、そのための人員を用意する必要があるかもしれません。

一般的に社宅管理は人事部や総務部の管轄になりますが、入出金管理も関係してくるので経理部や財務部も影響が及ぶことがあります。

これらのさまざまな業務を社員がフォローするのですが、人員が少ないと無理があったり専門的な知識も必要になってくるでしょう。

このような問題を解決するのに、社宅管理代行サービスを利用すると便利です。

アウトソースすることによって、もともとの業務に人員を集約することができます。

社宅管理代行を依頼するといろいろなメリットがあり、例えば人的リソースを無駄に稼働させないようにすることが可能です。

専門業者に依頼することで社宅利用者の利便性を高めたり、満足度が向上することができるでしょう。

人的リソースを本来の業務に割り当てられます

社宅管理代行を依頼することでコストを削減することができます。

アウトソースすることから社内の業務を軽減することができ、いろいろな面においてコストを抑えることが可能です。

例えば専門家が交渉することによって賃料や原状回復費用を適正化することができたり、異なる物件も一括して損害保険などの手続きを行うことができます。

賃料といった振込手数料などを一括化することができるので大幅削減することができるでしょう。

社宅管理代行サービスによって対応してくれるサービスや手数料などは異なりますが、一般的に直営店舗を持たなかったりフランチャイズ化されていることが多いです。

業者によっては個々の物件毎に契約を交わさなくてもよかったり、家賃の支払い先を集約することができます。

家賃の振込業務などを委託できるところは多いですが、振込箇所を一箇所にすることで支払業務そのものを楽にすることが可能です。

一部の業務だけを代行するところがあったり、振込業務などのほとんどの業務を業者が担当してくれるところもあるでしょう。

社宅代行サービスを利用することでいろいろなメリットが発生しますが、最終的にコストを削減することに繋がります。

新しく社宅をスタートする場合、新しく人材を確保する必要もなく、既に社宅担当者がいるなら引き継ぎも非常に簡単になり、社内の人的リソースを本来の業務に割り当てることが可能です。

企業として一つの窓口で業務が完了します

社宅管理を企業が行っていると空いている部屋を賃貸として貸し出そうと思っても、不動産会社との交渉や借主との交渉で時間や手間を取られる場合があります。

社宅管理代行サービスを利用するとこれらの複雑な手続きを行ってくれて、企業では窓口一つで作業を完了させることが可能です。

社宅管理代行サービスを利用すると人事部や総務部などの手間が省略されたり、企業としての経営効率も高めることができます。

借り上げ社宅を利用したいと考えている企業なら、社宅管理代行サービスを利用すると家主との交渉をカットすることが可能です。

企業で社宅管理を行うなら人事部や総務部などにおいて必要なスタッフを設定する必要がありますが、社宅代行会社に依頼するとこの人員を営業や他の収益に貢献するような部署に配属できます。

無駄な費用や経費などを使わなくてもスムーズに業務を遂行することが可能です。

自社で社宅を維持したり管理するための書類に関して、専門業者に委託することで大幅に減らすことが可能です。

資料を作成したり契約書を管理する業務もなくなるので、書類を保管するための社内スペースを効率良く利用することができます。

サイト内検索