社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行を代行会社に頼む料金の相場

社宅管理代行という聞き慣れない言葉が最近巷では流行っています。

確かに会社には社宅がつきものという時代はとうの昔に過ぎ去ったかもしれません。

社宅で生じる出来事の全責任が会社に降りかかってくることを考慮すると、代行業者に依頼して管理してもらうのが現実的です。

ここでは代行業者の料金相場について詳しく述べます。

社宅代行が1つの建物の場合?

社宅代行業者に依頼する建物が1つなら料金相場はそこまで複雑ではありません。

相場には大きく分けて2つの料金形態がとられています。

1つ目は建物の責任度合いです。

都会にその建物が位置していたり、入居者が多く見込まれる建物の場合、料金は高くなります。

これらは数字で測るのは難しいので過去の類似契約事例などをもとに契約金額を考えていきます。

2つ目は契約期間の長さです。

当然長ければ長いほど責任を負う期間が長くなるので、料金は高くなります。

業者によって違うのは日割り計算を取っているかどうかです。

日割り計算を取っているところは1日一万円程度としているところが多いですが、中にはセキュリティの問題などを踏まえて意図的に金額を高くしている業者もいます。

業者によって多少の契約金額の違いはありますが、金額が高くなればなるほどそれなりの責任が伴うことを加味するとそこまで理不尽な金額設定ではないかと考えられます。

気になるようであればインターネットの比較サイトを参考に業者を選定しましょう。

きっとより良い契約ができるはずです。

代行会社を選定する意味を考察してみる

社宅管理代行は一社だけでなく比較対象用に複数選択するべきです。

なぜなら同じ条件なのに業者によって金額に開きがあることがちょくちょく見られるからです。

社宅管理代行側から見ると会社の基準に沿って内容をもとに算出するので、それを依頼側が妥当かどうか判断のしようがないのです。

いったん契約が済んだ後に不満が出てきたとしても、契約破棄するとなると当然違約金が発生します。

それだと泣き寝入りする可能性も出てくるので、シビアな目で判断することが大切になります。

判断の根拠たり得るのが何社か見積書を出してもらって内容の違いをいたるところまで吟味しましょう。

注目するポイントは金額の計算がしやすいように単位を揃えるのが大切です。

ただ眺めているだけでは一向に理解できないので、上手に情報を利用しましょう。

どうしても契約したい業者がいれば、別の業者の見積もりを出して金額交渉で優位に立てるように工夫します。

その際にはあらかじめ見積もりをもらう全ての業者に他の会社に見せても良いかとの裏付けを取っておくのが大切です。

過度に社宅管理代行へ責任を負わせないほうがよい

これまでは金額の相場を考慮する必要があるとの観点から述べましたが、ここでは過度に業者に責任を負わせない方がいい理由を話します。

金額が際限なく上がるのが第一の理由です。

次に考えられるのが社宅利用者側からのクレームに対応しきれないということです。

依頼主としてはクレーム処理させたいと思いがちですが、その分値段が発生するどころか契約打ち切りになる可能性があります。

一度決めた会社に対しては基本的に毎回時期が来たら更新するのが一般です。

どちらも勝手がわかっているので、頼みやすいし引き受けられる傾向にあります。

しかし、いったん信頼関係が崩れてしまうと元のように契約を続けるのは難しいです。

過度に負担を生じさせないように業者に対して判断が困ってしまう高度な処理はできるだけ依頼主自身で解決できるようにしましょう。

契約時になぜそうするのか相手に伝えることでより信頼関係は強固なものになります。

あとはそれをもとに金額交渉すれば会社にとって良いリーズナブルな価格で契約できるのでお互いにとって安心できます。

サイト内検索