社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者に依頼すると手数料はどれくらいかかる?

社宅管理代行業者を利用する企業が増えてきています。

しかし、利用するからには費用がかかることでしょう。

例えば、手数料はどのくらいかかるのか気になる企業もあるはずです。

もちろん利用する業者によって設定額は異なるので、よく比較してから依頼しましょう。

 

どんな費用がかかるのか調べよう

企業では社員を住まわせる社宅を用意することがあります。

しかし、社宅の管理をするのは大変ですので、社宅管理代行業者を利用することがあります。

その方が管理もスムーズにできるのでとても楽です。

その代わり、費用が発生します。

どんな費用がかかるのか調べてみましょう。

まず、仲介手数料がかかります。

これは業者によって異なるので依頼前に調べておいた方が無難です。

当然、少しでも安い業者を利用した方がお得です。

この仲介手数料は1件あたりいくらというように発生します。

例えば、1件あたり1000円の管理費が発生する上、家賃0.5ヵ月分の仲介手数料も発生するというように業者によって決められているのです。

これでも全体的に安い方だと言えるでしょう。

そうすると、件数が多ければ多いほど、会社側が負担する費用が増えることになります。

社員数が多い企業は少しでも手数料が安い業者を利用しないことには、相当な費用がかかることになるので注意が必要です。

 

業者によって費用は異なっている

社宅管理代行業者を利用する上で一番気がかりとなることは、何と言っても費用でしょう。

業者によって費用はかなり違ってくるので、よく比較した上で申し込むことが大事です。

各業者のホームページを参考にしてみましょう。

ホームページに詳しいことが記載されていない場合には、気兼ねなく問い合わせをしたり見積もりを取ったりすることをおすすめします。

また、業者によっては追加料金が発生しないというところもあります。

初めて社宅管理代行業者を利用する場合、新規契約となるのは当然のことです。

しかし、社宅には社員が辞めてしまったり新しく入ったりすることで入れ替わりがあります。

もちろん、入れ替わりの度に手間がかかるので費用も発生するわけです。

入居者の更新時や変更時、解約時というように、それぞれ発生する費用は異なります。

できるだけ追加料金がかからない業者を利用しましょう。

また、支払方法に関しても事前に確認しておくことが大事です。

いくら社宅とは言っても一般的な賃貸アパートやマンションのように、更新契約をすることがあります。

ずっと入居者が変わらなくても更新時には費用が発生するので、その流れなども確認しておきましょう。

 

どのくらいの費用がかかるのか比較しよう

社宅管理代行業者を利用する上で注意すべき点は手数料の費用です。

長期契約のところもあれば短期契約の企業もあることでしょう。

また、場合によっては出張時のために社宅を用意する企業もあります。

いわゆる単身赴任向けの社宅を用意するわけです。

単身赴任期間が2年というように決まっていることもあるので、このような場合にも社宅を用意した方が何かと便利です。

このように、社宅管理代行業者を利用するには契約期間によって費用がかなり違ってきます。

当然、それに合わせて発生する手数料も異なってきます。

長期契約となると更新費用もかかることになるからです。

それでも一般的な賃貸契約よりは安いと言えるでしょう。

家賃数ヵ月分といった大きな費用が一気に出ることは滅多にありません。

この手の業者は1件あたりいくらというように決められることが多いので、社宅利用者が少なければ20万円以下になることもあります。

 

このように、社宅管理代行業者を利用する場合、手数料が発生します。

ただし、業者によっては異なるので比較してから決めましょう。

全体的に1件あたりいくらの管理費プラス家賃何ヵ月分の仲介手数料というような費用を支払うことになっています。

サイト内検索