社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者の仕事内容とは?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/27

かつては社有社宅が主流でしたが、その後は必要な部屋数だけを不動産会社から借りて社員に提供する借り上げ社宅に人気が集まり、世の中では借り上げ社宅の導入が広がりを見せていました。

このように変化が起きる社宅管理に、新しい方法が注目されています。

それが社宅管理代行です。

社宅を自社で管理するとそちらに時間を取られてしまい、通常の業務に支障をきたすなどマイナス面があります。

その点社宅管理代行を利用すると、マイナス面が改善されて日常業務がスムーズになります。

社有社宅と借り上げ社宅にまつわる業務

日本の社宅は、大まかに社有社宅借り上げ社宅に分けられます。

社有社宅はその名のとおり企業が持っている物件です。

建物や設備について保守や清掃といった管理をしたり、入退室にまつわる手続きや入居者からの問い合わせに応じたりするなど、生活をしていて発生してくる細々した事柄まで企業側が対応しています

また、社有社宅はその会社の資産でもあるので資産管理や物件の有効活用についても計画することもあります。

一方、借り上げ社宅は他社から物件を賃貸しているので、建物そのものに関するメンテナンス等の管理業務はありません。

社宅を希望している人に対して不動産情報を提供したり、入居後には賃貸に伴う家賃や更新料等の金銭的な管理を行ったりします。

ここでも入居している社員から問い合わせがあれば、会社側は窓口となって交渉に応じます。

社宅管理代行の主な仕事内容について

このような社宅管理にまつわるさまざまな業務を代行しているのが、社宅管理代行業社です。

どのような契約を企業同士で交わしているかで業務内容が変わりますが、よくある仕事内容として挙げられるのは入居条件のチェックです。

社宅への入居に関して一定の条件を設けている企業が大半なので入居の際には審査を行いますが、特に多い問題が同居している人の範囲です。

同居するのは家族や親族のみに限定している企業が多く、友人知人との同居は認めないケースがたくさんあります。

社宅管理代行では入居後も定期的にチェックも行い、企業への報告をします。

次に保守の面があり、火災などの災害に対応した設備の点検建物のメンテナンスなどを行うよう業者の手配をします。

そして入居者がトラブルに巻き込まれるなど、何か起きた時にクレーム対応をするのも社宅管理代行の仕事です。

このように顧客に代わって多岐にわたる社宅業務を行い、入居した社員が安全に生活できるよう管理します。

選択できる各社の画期的なサービス

社宅管理代行が行う仕事内容はその会社で異なっているため、求めている内容に合致したところを選ぶことが大切です。

社宅管理代行では、それぞれに得意としているサービス内容があり、価格にも影響してくるのでサービスと料金の面から慎重に選択するようにしましょう。

例えば、全国の不動産物件の情報を顧客に対して豊富に提供している業者を利用すれば、企業側が社宅としてふさわしい物件を見つける手間が省けます。

また入居や更新にまつわる費用や家賃を立替払いする業者もいるので、企業側は支払い業務に手を煩わせることがなく毎月決まった期日での支払いで済みます。

そして社宅にまつわる全ての業務をアウトソーシングできるプランや、一部分だけ外注したいという企業のニーズに合わせたプランを用意している企業もあり、それぞれの企業に合ったサービスが選べます。

 

以上の通り、社宅管理代行には社宅にまつわる多くの業務を委託できます。

しかもその仕事内容は多岐にわたっている上、利用者側が必要とするサービスを選べるようになっています。

社宅管理代行を利用すると、企業側は本来の業務に時間をかけることができるため、メリットも多いといえるでしょう。

サイト内検索
記事一覧