社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行サービスのデメリット

社宅は企業の福利厚生の一環として従業員の数に比例して提供している会社が多いと言えます。

高度背経済成長時代には会社が所有する住宅を従業員に社宅として提供するばかりか、管理運営までも自社関連会社が行うなどのスタイルが採用されていました。

最近では福利厚生も外部企業にアウトソーシングすることが一般化し社宅管理代行会社も増加しています。

社宅管理をめぐる現状の問題点について

バブル経済崩壊やリーマンショックなどの経済事象の影響は社宅などの福利厚生のあり方にも、大きな影響を与えておりこれまでの運営方法の妥当性に疑問が投げかけられるようになっています。

まず建物や設備の維持管理に大きなコストがかかるようになっていることがあげられます。

建物や設備といえども経年劣化する外壁部分をはじめとして定期的な修繕や一定以上の時間が経過すれば大規模修繕の必要にも迫られます。

社宅の老朽化により稼働率も低下し耐震補強費などの費用もさらに必要になるなど維持コストの高騰が目立つようになりました。

また2005年以降の会計処理の変更により、資産価値の下落した固定資産は損金として計上しなければならなくなったことも、自社所有の社宅を維持することの負担感は大きなものとなり、自社所有の社宅を廃止したり統廃合する動きが加速しています。

しかし福利厚生面では社宅を別の形で用意しなければならないので、借り上げ住宅に移行することが主流になってきました。

ここに社宅管理代行業務が発展する基礎が成立したといえます。

社宅管理代行のデメリット、管理委託費用が必要になる

現在の社宅管理代行では転貸と借り上げの代行の二つのスタイルが代表的です。

転貸形式とは一旦社宅管理代行会社(以下、代行会社)が元の借主と賃貸借契約を締結して、さらにその物件を社宅を必要とする会社へ転貸借契約する形のことです。

その業務はきわめてシンプルで社宅を必要とする企業の管理業務の委託を受けるだけになるので、不動産管理会社の業務とほぼ同じとイメージしていいでしょう。

福利厚生をアウトソーシングすることになるので専門の人員を割く必要がなくなりますが、外部に管理業務などの代行を委託することになるので手数料が発生することになり新たなコスト要因を抱えることになります。

また転貸借形式を採用すると敷金の管理も代行会社が負担することになるわけですが、代行会社が倒産した場合に回収できないリスクを負うことになります。

そのため転貸借形式を採用した場合には、振込手数料や書類保管代、それらに随伴する人件費なども加わることになり、委託管理費が高額になる傾向があります。

アウトソーシングによる人件費削減と新たなコストの兼ね合いを十分検討する必要があります。

社宅管理代行のデメリット、情報共有がうまく行われないリスク

また社宅管理代行会社(代行会社)を利用することのデメリットは会社の従業員の個人情報の管理なども委託内容に含まれるので個人情報漏えいのリスクは否定できません。

アクセスする可能性のある情報はマイナンバーなどをはじめ、各従業員の月収や家族構成、住所や子供の有無やその年齢など福利厚生に関連する多岐にわたります。

ましてや代行会社も人材を外部委託している状況も想定されるので、実際に業務にあたるスタッフのコンプライアンス意識がどの程度まで徹底しているのかは一考の余地があるところです。

最近では外部からの不正プログラム(マルウエア)が社内のコンピューターサーバーに侵入することで様々な被害が発生する事例が増加しています。

仮にコンピューターセキュリティー上の脅威にさらされていることが発覚した場合に、はたして社宅代行会社にその危険性についての情報共有が円滑に進むのかも疑問の余地があります。

これらのデメリットも勘案して社宅管理代行会社は選ぶべきと言えます。

サイト内検索