社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行を依頼したい!社宅管理代行会社の選び方

公開日:2020/12/01  最終更新日:2021/01/12


社宅管理を行う場合、さまざまな業務があるため、専門知識や技術が必要です。そのため社宅管理でのトラブルを回避するには、プロの社宅管理代行会社に業務を依頼する方法が有効です。しかし社宅管理代行会社といってもさまざまなので、どこに委託してよいかわからないでしょう。そこでどういう会社に委託したらよいのか、適切な選び方を紹介します。

きちんと社宅管理代行の実績がある会社かどうかを見る

社宅管理代行会社を選ぶ時に重要なのが、過去の実績です。日本国内で社宅管理代行サービスが始まったのはわずか25年程前といわれています。そのため、どの企業もまだ歴史は浅く、経験が少ないところも少なくありません。そこでよい企業を見極める方法として有効なのが、どの程度の実績があるかを優先的に見るという点です。

実績が豊富なメリットとして、なにかトラブルが発生しても、迅速に対応をしてくれるという点が挙げられます。逆に経験が浅い会社だと、マニュアル通りにしか動けないため、予想外のトラブルが起きた時にスムーズな対応ができない可能性があるようです。

そのため、どの企業に委託しようか迷った場合は、経験が豊富なところを優先的に選べば、失敗する可能性は下げられるでしょう。実績を調べる方法は、代行会社のサイトを見れば多くのところがいつサービスを開始したか、今までにどういう会社の社宅管理代行をしてきたかなどの件数を確認できます。

サポート体制がしっかりしているかをチェックする

社宅管理代行会社の選び方として、サポート体制がしっかりしているかという点も重要です。見極めポイントとしては、代行サービスが始まる前に、依頼側にきちんとヒアリングをするかどうかをチェックするとよいでしょう。そしてこれから社宅を管理するにあたって、どのような企業なのかをきちんと把握し、プランを提案してくれるところは信頼できそうです。

なぜなら社宅を管理する会社を詳しく知ることで業務の効率化も進み、円滑にサービスを進められるためです。またサポート体制が充実している会社なら、何かトラブルが起こった時にも迅速に対応してくれるので安心でしょう。

さらに普段から定期的に委託した会社に、社宅がどういう状況なのかを随時報告し、サービス内容の改善も提案してくれます。たとえば社宅管理にともなう費用の立て替えを提案したり、利息も低金利にしたりするので、こうした細かい部分も確認してから、社宅管理代行会社を選ぶとよいでしょう。

専属の担当者がついてくれるかを見る

専属の担当者がつくかどうかというのも、選び方の1つとして重要です。専属の担当者がつくメリットとしては、いつでも密に連絡を取れるため、安心して管理を任せられるという点でしょう。また何かトラブルがあっても、その担当者に連絡すればよいので慌てる必要がありません。

社宅管理代行会社によっては、チームで対応しているところもあります。もちろんそれでもまったく問題はないのですが、どちらかというと専属の担当者がいた方がスムーズでしょう。たとえばトラブルがあった時に、専属の担当者であればすぐにどのような状況か把握できます。

しかし、チームの場合は全員が状況を把握するまで時間がかかり、全員に情報が共有できるかというと難しいのが現状です。また、チームで対応しているといっても、大手だと各地の業務を外部に委託してしまうケースもあります。そのため、できるだけ専属の担当者がついてくれる企業を優先的に選ぶようにしましょう。

 

社宅管理代行会社の選び方としては、実績がしっかりとあり、サポート体制が充実していて、さらに専属の担当者がついている会社を選べば失敗することは少ないでしょう。これらすべてを満たしていなくても信頼できるところはありますが、できる限りこれらの条件を1つでも満たしている企業を選ぶようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧