社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行の業務内容と費用や手数料

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/01/27


社宅管理代行はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、企業の社宅の管理に関する一連の業務を代行することです。社宅の管理は専門的な知識が必要なことも多いので、代行に依頼したほうがよいでしょう。この記事では社宅管理代行の業務内容や費用、手数料などを紹介しましょう。社宅管理について悩んでいる企業は参考にしてください。

社宅管理代行とは?借り上げ社宅の場合の業務内容を紹介

まず挙げられる業務内容は物件の手配です。借り上げ社宅の場合、自社で物件を探す必要があります。物件探しは、企業が定めた条件に当てはまるものを見つけなければなりません。しかし、社宅管理代行サービスなら提携不動産会社からの物件情報をもとに、企業の条件に合致し入居者の希望にも沿った物件を提供してくれるでしょう。

また、入居者との新規契約の手続きも行っています。契約条件の内容確認や契約書類への署名・捺印代行、契約書類の保管まで任せておくことが可能です。忘れがちな更新契約手続きも行っています。更新契約書類作成、更新契約書の保管、更新料、手数料の立て替えまで任せられる代行企業もあるようです。

さらに解約に関する手続きは、入居者とのやりとりだけでなく、管理会社や家主への通知までしてくれるので、トラブルを避けられます。とくにトラブルになりやすい原状回復費用の内容精査や交渉まで行ってくれるのは魅力といえるでしょう。

社宅管理代行の社有社宅の場合の業務内容を紹介

社有社宅は会社が保有する不動産です。そのため社宅管理代行では資産管理が業務内容に含まれることが、借り上げ社宅の場合との大きな違いといえるでしょう。資産管理とは建物や設備の保守や点検、清掃も業務内容に含まれます。入居者に感染症患者やその疑いがある者が出たときは、自社に届け出をしてくれる点も安心です。

建物に修理が必要な場所がある場合は工事業者の手配も行います。入居者とのクレーム対応も任せられるケースもあるようです。また、社宅を不動産として有効活用するアドバイスにも乗ってくれます。社有社宅は不動産資産となるため、社有社宅を他社へ貸し出せば、不動産運用による収益が見込めるのです。

しかし、そこには不動産物件の価値を維持しなければならない、空室対策や定期メンテナンスなどが必要、地価変動や老朽化によって不動産の資産価値が減少するなどのリスクがあります。そういった悩みも社宅管理代行が解決する手助けをしてくれるでしょう。

社宅管理代行の費用や手数料を紹介

企業にとって経費削減は重要事項でしょう。気になるのは社宅管理代行に頼む場合の費用です。社宅を自社で管理するほうが費用をおさえられると考える人が多いのではないでしょうか。しかし、実際は社宅管理代行に頼むほうが、自社で管理するよりも2~3割程度のコストダウンになるといわれています。

具体的な金額は、建物の部屋数や業務内容などによって大きな変動があるため、問い合わせてみましょう。中には1件あたりの管理費1,000円プラス仲介手数料といったように、わかりやすい料金形態を提示している社宅管理代行もあるので参考にしてみてください。

仲介手数料は、家賃の何ヵ月分と決まっていることが多いです。もしコストが気になるのであれば、一部業務のみを代行させることで費用をおさえることもできます。費用や手数料に関しては会社によって差が生じやすいので、何社かに見積もりを依頼してよく吟味することが大切です。

 

社宅管理の業務内容は多岐に渡っており、自社で行うことは大変で、社宅管理代行に頼むのが得策です。費用についても相談できるケースがあるため、社宅管理代行を利用してみてください。複数社に見積もりをとることを忘れないようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧