社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

大家さんや近隣からのクレームも社宅管理代行業者が対応してくれる?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/24

社宅の規模はさまざまですが、管理業務の範囲は非常に幅広く煩雑です。日常的管理業務から法律対応が必要な場面までをすべて自社で対応するのは負担が大きく、福利厚生の一環であるはずの社宅が業務を圧迫することもあります。そこで不動産管理は、専門の社宅管理代行会社を利用するスタイルが増加しています。

社宅管理代行会社はクレームにも対応する

社宅は福利厚生の中でも根強いニーズがあります。安価で住居を確保できれば、従業員は給与額以上の生活水準を得ることが可能です。しかし社宅の規模は大小さまざまで、数十人以上の入居者がひとつの棟にまとまって生活している場合もあれば、事業所近くのマンションなどを数個ずつ確保して、必要に応じて社員に貸し与えるという場合もあります。

いずれにせよ会社が直接利用するわけではなく、社員(従業員)が居住しているという事実があります。社宅ではプライベートな生活の場でもあるので、思わぬトラブルやクレームが発生することもあるでしょう。他の入居者との間で騒音トラブルが発生する、ごみの捨て方に対しての苦情が来るなどは充分あり得ます。

また、社宅を借入で確保しようとすると、賃貸借規約締結の場面でオーナーとの間で契約条件を巡ってトラブルになることも。契約交渉が曖昧であったり、担当者が不動産に関する知識が不足したりすると不利な条件で賃貸借契約を締結する羽目になり、後日揉めることにもなりかねません。

このような事態を想定すれば、社宅管理代行会社を利用するのは合理的な選択といえるでしょう。契約の締結の場面では重要書類のチェックの代行に対応したり、日常的なトラブルなども連絡するとすぐに駆けつけて対応したりするフットワークの軽い会社もあるようです。

社宅でのトラブル防止にもサポート

大手企業などでは自社社宅を保有していることもあり、管理部門を設置していることがあります。しかし入居後の社員からの相談やトラブルが発生すると迅速な解決を望めるとは限りません。管理部門のスタッフはあくまで施設管理などが専門で、トラブルや困りごとなどの相談といったソフトな問題は必ずしも専門的に対応できるとは期待できないからです。

不動産管理大航海者は、ソフトなトラブルにも対応しているのが一般的です。社有社宅の場合でもコスト削減のトレンドのなかで、人員削減が強いられています。瑣末で面倒なトラブル解決などは、社宅管理代行会社にアウトソーシングするのが賢明です。

借上社宅退去時の原状回復にも安心

現在ではコスト削減と合理化の波のなかで、借上社宅が主流になっています。事業所やオフィスが移転するとこれまで借上げていた社宅の賃貸借契約を解除して不動産を引き払うという場面も出てきます。マンションの退去なども含め、賃貸借終了時にトラブルになりやすいのが、原状回復の費用負担の問題です。

原状回復義務を賃借人が負っているといっても、経年劣化の損耗分はあくまでオーナーの負担で修復するべきもので、ガイドラインも定められています。しかしなかには巨額の原状回復費用を請求するオーナーがいます。社宅管理代行会社は、この辺りの知識も習熟しているので、無理難題をいうオーナーにも対応してくれます。

 

社宅には社有と借上の二種類があります。現在はコスト削減の流れで借上社宅が主流ですが、いずれの社宅にしろそこに入居するのは社員個人です。プライベートな空間では隣人からクレームが出たりトラブルに遭遇したりすることは充分想定されます。

社宅管理代行会社は、不動産管理一般はもちろん入居者同士のトラブルなどにも対応してくることが多いようです。賃貸借契約締結の場面や、借上社宅を退去するときの原状回復費用の課題など、不動産に関する専門知識が必須です。このような場面でも、社宅管理代行会社に依頼できるのでメリットが大きいといえます。

サイト内検索
記事一覧