社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行と自社対応の違いとは?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/15

社宅を管理するという場合には、社宅管理代行を利用するほうがいいのか、自社対応にしたほうがいいのか判断する必要があります。代行を利用することでのメリットを知り、どのような違いがあるのかきちんと把握しておきましょう。

自社管理ではさまざまな業務の負担が大きい

社宅を自社管理するという場合には、物件を見つける、入居に関しての手続きや退去などに関しての業務、家賃に関する支払い管理、契約の更新手続きなどさまざまな業務をこなす必要があります。

また、人が入居するということは、人間関係トラブルや騒音などのクレームなどにも自社で対応する必要もでてきます。このトラブルやクレームの対応をきちんとしておかなければ、入居者からの不満がつのり、退社してしまう要因の一つになってしまうこともあるでしょう。

そのため、さまざまな業務をこなしつつ、トラブルやクレームに対してしっかりと対応することが求められます。このような点から、自社管理では負担が大きいと判断できるでしょう。

社宅管理代行を利用する場合には、このような業務の負担を専門的知識をもっているスタッフがあたるためミスなどが生じにくく、トラブルやクレームなどに対しても柔軟に対応してくれるという点が大きなメリットといえます。

社宅管理代行業者によって得意とするサービスが違う

一口に、社宅管理代行業者といってもそれぞれ違いなどもあります。企業側が求めているものに対して対応ができるということは当然ですが、それ以外にも業者によって得意としているサービスなどがあるため社宅管理代行業者ごとのサービス内容などから選んでみるということも重要なポイントです。

企業側として、業務のすべてを任せたいという場合と一部だけ任せたいなどいろいろな考え方があり、企業側の要望に対応してくれる業者を選ぶことが大切だといえます。この点から、サービス内容と料金などの比較をしてみて、最も適した社宅管理代行業者を選ぶようにしましょう。

そのためにも、どのような特徴をもつ業者か、得意とするサービスはどんなものがあるのかという点を重視してチェックしておき比較することも必要です。

本来の業務に集中させることができる

自社管理をしてしまうと、そのための人員を業務にあてる必要がでてきます。人件費、そして人材という点において自社の展開する業務に本来あてる人材に対して管理の負担をさせることになります。

しかし、社宅管理代行を利用することで、その人件費や人材に関しての負担を減らすことにもなるでしょう。料金はかかりますが、自社の人材を管理ではなく、自社の展開する業務に集中させることができるというのは、企業側にとってはメリットにつながります。

さまざまな経験を社員にさせるということも成長にはつながりますが、その企業の本来の業務に集中させることは結果として企業の業績アップなどいい影響を与えることにもなります。そのため、社宅管理に関しては社宅管理代行業者を利用して社員には余計な負担をかけさせないようにするということも、企業側にとってはメリットとなるでしょう。

 

自社管理では、管理業務の負担やトラブル、クレーム処理に対しての対応を社員がおこなう必要があり負担が大きいといえます。企業側としても、管理に対して人員の確保や人件費的な面から考える必要があるといえるでしょう。

社宅管理代行を利用すれば、管理業務の負担の軽減、もしくはそのすべての業務をおこなってもらうなど社宅管理代行業者にもよりますが、企業側が求めている対応を専門的知識を持ったスタッフがおこなってくれるため安心して管理を任せることが可能です。

このように、自社管理と社宅管理代行での違いを把握してみることで、企業側にとってどのような対応をしていくことがメリットになるかを考慮したうえで、社宅管理の業務負担をどのようにしていくか決めることが大切です。

サイト内検索
記事一覧