社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者に依頼するとどれくらいコストダウンできる?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/05/28

近年は企業が抱える社宅についてその管理を専門の管理会社へ代行させる社宅管理代行が注目を集めています。

企業では経費節減のため少数精鋭主義を取っているところが多く、その一環として企業が抱える社宅についても効率的な運営をおこなうために社宅管理代行を導入する企業が増えてきているのです。

 

社宅管理代行を導入する理由について

まず、そもそもなぜ今、社宅管理代行が人気となっているのか、その背景を探っておきましょう。今や多くの企業にとって経費の節約が重要な課題になってきています。企業の多くが多角的な経営を展開しており、少しでも経費を減らしつつ、効果を最大限にあげることが現代企業に求められているところです。

実際、どの企業もあの手この手で経費節減の工夫を凝らしています。そんな中で最近注目を集めているのが社宅管理代行です。少数精鋭が求められている企業にとってもはや社宅を自社管理することは難しい状況になってきています。

そこで社宅の管理を専門の管理会社に任せるという動きが活発になっているのです。このように社宅管理代行を導入する理由としては企業の経費節減といった要素が背景にあるのですが、実はこれだけではありません。

最近では優秀な管理会社が多く現れており、非常に効率的な運営をしているという点も大きな理由として挙げられます。実績のある信頼できる管理会社が多く存在していることが、それを導入する企業が増えてきている要素と言えます。

 

社宅管理代行の業務内容について

一口に社宅管理代行と言ってもその内容はさまざまにあり、管理会社によっても多少異なります。一般的な内容としては社宅へ入居する際の入居者との契約手続きや退去する際の退去手続き、家賃送金手続き、その他入居者のサポートやデータ管理などとなっています。

このようにその業務は多岐に渡っていますが、社宅を代行する管理会社は経験が豊富にあるため、これらの業務を迅速かつ的確に処理することが可能となっています。またスタッフの知識も豊富にありますので、安心して任せることができます。

もちろん、これらの業務すべてを任せるのではなく、一部の業務のみを代行させることも可能です。例えば入退去時の手続きのみを管理会社に代行させて、それ以外の業務は自社でおこなうと言ったフレキシブルな運用もできますので、とても便利なシステムと言えます。

 

社宅管理代行によるコストダウンについて

そんな社宅管理代行について、もっとも気になるのがその導入によってどの程度のコストダウンが図られるかということになるでしょう。これはケースバイケースであり、一概に数値で一律に現わせるものではありませんが、概ね自社管理した場合に比べると2割から3割程度のコストダウンが可能と言えます。

中には4割以上の削減が可能になったと言った声も聞かれます。そして何よりも専門の管理会社に任せることで、それまで社宅の管理業務に携わっていた社員を本業へ従事させることができますから、実際のコストダウン以上の効果が出ることは言うまでもありません。

 

近年は企業の多角的な経営により少数精鋭主義が求められているところです。その一環として社宅についてもより効率的かつ効果的な運営を図るために社宅を専門の管理会社へ代行させる動きも多くなっています。

社宅管理代行の業務は入退去手続きや家賃送金手続きなど多岐に渡っていますが、これらの業務のうち一部のみを代行させることも可能です。社宅管理代行の導入によって自社管理のときと比べて概ね、2割から3割程度のコストダウンが可能ですが、それに加えてそれまで社宅管理に携わっていた社員を本業へ従事させることができると言った効果も挙げられます。

 

サイト内検索