社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

悪徳な社宅管理代行業者の特徴とは?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/05/28

社宅の管理にかけていた時間や手間などをカットしたいという企業も少なくないと思います。ただ、そのような会社の中にはいわゆる悪徳業者というものが存在します。

そのような業者に依頼をしてしまうと、こちらの依頼したい業務をきちんとおこなってくれず手間などのカットができないどころか、損害をもたらす可能性もあります。

 

ホームページや資料などの記載に注目

まず、公式ホームページやパンフレットなどの資料に、必要な情報がきちんと記載されているかという点を確認しましょう。

最初に確認しておきたいのが、その業者が社有社宅の管理、もしくは借り上げ社宅の管理のどちらが得意であるかという記載です。悪徳業者の中には、その点をあいまいにしておいてあまり知識のない企業の担当者などの目を欺き、どちらでもできるかのような資料などを作り不当に契約を得ようとするところもあります。

このどちらも対応可能という業者も中にはありますが、たいていの場合はどちらかが得意分野であることが多いので、まずはその点をしっかりと確認しましょう。

次に見ておきたいのは料金体系が明朗であるかという点です。悪徳業者は、とにかく料金が安いとのうたい文句などで顧客の目を惹きつけて、実際に契約しようとすると追加料金やオプションなどの名目で次々と不要な料金を重ねて請求してくるところがあります。業務ごとの料金体系などが明確になっているかどうかということの確認も必要です。

さらに、ホームページなどがだれの目に見ても分かりやすいかどうかということも確認すべきポイントです。悪徳業者の特徴として、とにかく目に付くところにだけ自分たちに都合のいい情報を記載し、あまり知られたくない情報にたどり着きにくいようなページ作りを意図的にしているところもあります。

優良な業者は、ユーザビリティのことも考えたページ作りをしていることがほとんどです。

 

サポート体制も重要な判断ポイント

サポート体制といった点も、悪徳社宅管理代行業者を見分けるための重要なポイントになります。優良な業者であれば、電話やメールなどでのサポートはもちろん、専任のスタッフがいたりチャットワークでのサポート、あるいは24時間体制でのサポートの完備などがされています。

ところが悪徳業者の場合は、そのようなサポート体制がないばかりか、電話番号すらどこに記述があるのか分かりづらいところもあります。そのような業者は、適切な管理をしておらず連絡されて聞かれてはまずいことがあったり、サポートの分野に人を回せないほど経営が危ういなどという証拠です。

サポート内容の充実はもちろん、サポート範囲がどこまでかということも明記しているところを選ぶのが望ましいでしょう。

 

これまでの実績を紹介できているか

また、その業者のこれまでの管理実績も選ぶときの重要なポイントです。優良社宅管理代行業者であれば、今までの管理してきた社名などを公表したりしてこれまでの実績をアピールできます。

それに対して悪徳業者の場合はそのような実績がないことがほとんどなので、実績などをアピールすることができないことがほとんどで、管理件数などに関しての記述もほとんどありません。創業年数が長ければ良いというわけではありませんが、できるだけ長くこの業界に携わっているところのほうが安心して依頼できることが多い傾向にあります。

 

社宅の管理にかける業務などをその道のプロに依頼して、時間やコストなどをカットするためには信頼できる優良社宅管理代行業者に依頼をしなければなりません。そうした業者を見つけるためには、まず悪徳業者の特徴などをつかみ、その逆のことをおこなっている業者を選ぶことが近道です。

最近では手を変え品を変え悪徳ではないと装って不当に契約を取ろうとする業者もいます。そのような業者につかまってしまわぬよう、正しい知識を身に付けておく必要があります。

 

 

サイト内検索
記事一覧