社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅に入居中の社員からの問い合わせは社宅管理代行業者に依頼しよう

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/05/28

自社で従業員のために社宅を持っていることは多いです。しかし、どちらも入居者からの質問や相談は管理元である自社の管理部門に集中してしまいます。これでは不都合が多くなりますし、仕事も増える一方です。

そこで、専門知識を持って代行してもらえる社宅管理代行を活用しましょう。

 

業務が進まないという経験

社宅を持っていると、それにまつわる仕事も膨大になります。入退去の手続きから更新手続き、さらに入居している方からの日常的な質問や相談も発生します。

メンテナンスに関することは必要な事柄も多いので仕方ないとしても、例えば備品を壊したとか動かくなった、生活のうえでの不都合な点の相談などは、すぐに解決できず手間と時間がかかることもあるので面倒です。

これが多いほど他の業務も進みませんし、かといって対応しないわけにもいかないので、物理的な手間と精神的な負担が増えてしまいます。担当部署の残業が増えたりしてコスト増になるのも頭の痛い問題です。

それを解決してくれるのが社宅管理代行のサービスで、今注目されていて導入する企業も増加中です。

 

面倒な処理を委託できる社宅管理代行

社宅に関する業務を専門に扱っている社宅管理代行業者があります。社宅管理の専門家として多岐にわたる業務をおこなっているので、多くのノウハウがありますし処理もスピーディーです。

また、管理体制も整っているので社宅の全体の状況も把握していて、どう対処するとスムーズで的確かも判断できます。そのため、細かい相談であっても、見逃さずに対応してくれますし迅速に動けるので安心で穏やかな住環境を整えることが可能です。

多数の社宅を持っている会社の場合、特に担当部署から離れた場所の住宅の状況は把握しにくいのが原状です。すぐに駆けつけることも支障があるケースもありますし、住宅のケアが行き届かない悩ましい事情もあります。

社宅管理代行に委託すれば全国で対応できるので、多くの入居者の問い合わせの声をしっかりとキャッチして対応できるようになり、満足度もアップします。つまり管理する側と入居する側のどちらにとっても大きな利点があるので、導入するだけの価値はあります。

 

担当部署の負担を減らして効率化しよう

社宅管理代行を利用して入居者対応を任せることで、担当部署の業務軽減は大きく可能になります。相談を聞いて、事情を確認するだけでも手間と時間がかかります。さらに改善するために動くとなると、1件の相談でも大きく時間を割くことになります。

社宅担当は多くの企業で専属の部署があるわけではありません。兼任することが多いので、社宅関連の業務で他の業務に支障が出てしまいます。それをプロの社宅管理代行業者に依頼することで、回避できて時間の無駄をなくせるのでコスト削減にもつながるメリットがあります。

社宅管理代行業者は依頼する業務を指定できるので、例えば入退去の手続きは自社で、普段の相談や問い合わせ窓口は社宅管理代行業者などもできます。負担になる部分を経験豊富なサービスでカバーしてくれ、入居者にとっても相談する窓口がわかりやすいので利用しやいという嬉しい一面もあります。

 

社宅管理代行業者を利用すると、今まで担当していた部署の仕事が軽減できて、本来の仕事に集中できて効率的になります。意外と相談されることや手続きは多いので、すべてを自社でおこなうと犠牲になることも多くできてきてしまいます。

しかし、社宅管理代行業者は専門のプロですので、対応力も高く、スピードときめ細やかさ、対応力で入居者にも満足してもらえます。うまく活用すれば、クオリティーの高い社宅の住環境が手間いらずで実現できます。

 

 

サイト内検索
記事一覧