社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行を導入するまでのフローは?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/05

企業のサービスが高度化するにつれて、分業への重要性が高まっています。社宅管理は従来ではその会社がおこなっておりましたが、こうした社宅管理なども、代行サービスにアウトソーシングするのが可能となっています。

依頼するときのことを想定すること

社宅管理代行を依頼する際に、依頼するときのフローを考える必要があります。まず問い合わせをして資料を請求します。

そのときに管理する戸数や現在おこなっている社宅管理の課題点などを、社宅管理代行会社に伝えて、問題点などを相談したりします。そうした相談をもとにサービスの提案と見積もりが代行会社から提出がなされます。

このときの見積もりは無料であることが好ましいです。無料ですと複数の社宅管理代行会社を比較することが簡単にできます。複数の会社の提案とサービスと料金を比較して、どこに依頼したらよいかを決めます。

決めるときは金額面を考えるのは大切ですが、金額面だけでは判断せず過去の実績の確認も大切です。過去の実績を見るときは自社の社宅管理と似たような状況の管理を、どのようにおこなったことがあるかなどの確認をすると便利です。

開始までの期間などの確認をする

社宅管理代行サービスを依頼するときは、サービス開始までどのくらい期間がかかるかなどを知るのも大切です。担当者と打ち合わせをして、納得したら社宅管理代行サービスを申し込む必要があります。

契約した後も打ち合わせは、何度もおこなうことが大切です。打ち合わせをすることで、サービスの改善をしてくれたり、お互いの意思疎通が確実になります。打合せでは業務内容の確認などを話し合う必要もありますし、契約における登録作業などをおこなう必要もあります。

社宅管理をするときはさまざまな所との関係を持ちますので、そうした関係各所への通知をおこなうことも大切です。社宅管理をするときは、不動産会社と関わります。こうした不動産会社との契約には印鑑が必要になります。会社が使っている印鑑を代行サービス事業者に預けるのも可能です。

こうすることで、急な契約にも迅速におこなうことができます。契約前にはさまざまなことの確認が大切で、解約したいときの解約申し込みの方法や鍵の返却方法なども事前に確認します。

事前にさまざまな状況の想定をする

社宅管理をおこなうときは、原状回復が必要になります。社宅管理の代行を依頼するときは、原状回復時の見積もりもしておくのが大切です。さまざまな状況を初めから想定して、打ち合わせでよく確認すると良いです。

さまざまな状況を想定して全て納得してから契約するのが大切です。打ち合わせには時間をかける必要があります。社宅管理代行サービスを依頼するメリットは大きいです。

社宅管理の担当者の業務負担が軽減されますので、担当していた人はコア業務にしっかりと集中することも可能となります。企業がおこなう必要があることを上手くアウトソーシングするのは大切です。

ビジネスおいて大切なのがコスト削減です。代行会社に依頼すると、社宅利用者の利便性と満足度がアップします。どのような方法で、社宅管理代行会社が社員の利便性と満足度アップさせることができるかなどを契約のときに聞いておくのは大切です。

 

アウトソーシングに対する注目は高まっていて、そうすることで企業のビジネスが効率化します。社宅管理をアウトソーシングすると、社宅管理にかける手間と時間をなくすことが可能となります。

さまざまなサービスを活用するときは、相乗効果を考える必要があります。社宅管理が良くなると、ビジネスの効率性は増しますし、社宅利用者の利便性と満足度が上がりとても有益です。便利なサービスは上手く活用する必要があります。こうしたサービスを依頼するときは、依頼するときにするべきことのイメージを得る必要もあります。

サイト内検索
記事一覧