社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅制度を導入するメリット

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/11

会社が人材を集めるためには、福利厚生などのメリットを揃える必要があります。理由は応募者が労働力を提供する代わりに受ける特典で、やる気の維持に繋がるためです。そこで、福利厚生の一つとして社宅制度が挙げられ、これは会社と応募者の双方に恩恵が及びます。そこで社宅を取り入れたらどんないいことがあるのかを説明していきましょう。

会社にとっては労働者の呼び出しがしやすくなる

会社が業務を社員におこなわせる場合、当然ながら始業時間までに出社させないといけません。しかし、社員が暮らす場所は職場から通勤可能な範囲と言えども、個々にバラバラです。ここで、本来出社予定の社員が急な欠勤となって人数が足りなくなると代わりの人間を呼ばなければなりません。

ところで、出社可能な人間を招集するにも、場合によっては遠方から呼び出しをしなければいけないケースが生じることもあるでしょう。そうなると、それだけ代わりの社員が到着する時間も掛かるので、その間は限られた人数で仕事をおこなうのです。

そこで、社宅制度を導入すれば勤務場所に近い寮から代わりの人間を出社できるようになります。しかも、勤務場所と社宅が近ければそれだけ出社までの時間も短縮されるので現場での欠員による負担を減らせます。

このように、会社にとって社宅は仕事場に近い場所に配置しておけば社員の手配がやりやすくなるのです。もちろん、代わりの人間を呼び出すには出社可能な社員がいることが前提となるので、日頃からその人たちの出勤日を把握しましょう。

職場までの通勤における負担が減少する

労働者にとって社宅は、福利厚生であると同時に職場への通勤にかかる負担を減らす手段となります。住んでいる場所と職場が遠ければ遠いほど、通勤に掛かる時間が伸びるので出勤に間に合わせるために早めに家を出なければいけません。

そして、鉄道で職場へ向かうならば満員電車に長時間乗る可能性が生じ、自動車であれば渋滞などのリスクが発生します。しかし、職場の近くに社宅があれば距離も短いので通勤時間もそんなに掛からず、そして満員電車や渋滞のリスクを回避できます。

また、職場から社宅が近いと部屋に戻るまでの時間もそれほど掛からないため、負担を減らせるでしょう。もし職場と家までの距離が長ければ、仕事をした後にさらに体力を使わなければなりません。そのため、近くの社宅に住めばさらなる体力を使わずに済む可能性も生じるので、労働者からすればメリットになります。

社宅の管理代行を専門とする業者にお願いする

企業が社宅を整備するにしても、日常的な管理は必須なものの、おこなうには労力が要ります。そこで、社宅管理代行の業者に社宅の管理を委託してしまえば、そのような手間をしなくてもよくなります。

代行業者は社宅の管理方法を熟知しているので、最初から任せてしまえば企業は負担を抱える必要がありません。そのため、企業が社宅を用意する場合には代行業者を介在させて運営にあたらせると恩恵を受けます。無論、社宅管理代行を利用するにしてもコストの支払いが生じるので、経済的な負担は背負う必要があります。

しかし、労力を抱え込まない利点を考慮すれば、管理代行に対する金銭の支払いは必要不可欠なのです。せっかく管理を代わりに引き受けてくれる業者がいるのだから、思い切って任せるのも手の一つです。

 

社宅制度は企業と労働者それぞれに恩恵を与えるので、利用する価値があると言えるでしょう。無論、社宅を用意するとなれば維持のために管理が求められるものの、代行サービスがあります。社宅管理代行の業者に依頼すれば、代わりに社宅に関わることをしてくれるので企業にとてもありがたいです。

もちろん、代わりに社宅の管理をしてもらうのであればお金の支払いが要るものの、全体で見ればメリットになります。そのため、金銭の支出が発生するにしても、実際には見えない形で恩恵を受けることになるでしょう。

サイト内検索
記事一覧