社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行導入までにどのくらいかかる?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/20

社宅管理代行は社宅の管理に関する業務を管理会社などに代行しておこなってもらう便利なサービスです。そのようなサービスを利用するとき、社宅管理代行導入までどのくらいかかるのでしょうか?そこで、期間的な点についてこれからご説明してみたいと思います。

社宅管理の代行サービスはどれくらいかかるのだろうか

社宅管理代行サービスは自社で社宅を管理する必要がないので便利で、会社の管理負担も軽くなる便利なサービスです。そうした社宅管理の代行サービスを導入するという場合、どれくらいかかるのでしょうか。この点についてはケースバイケースといえますが、1か月くらいから数か月くらいといえます。

管理を代行してもらって、実際に社宅を用意してから管理してもらうということになると社宅を持つまでの間の期間が必要になります。社宅をすでに管理しているけれども、いろいろな面で業務負担が多くなることやコスト面などもあるのでアウトソースしたいという場合には導入までの期間はそれより短いといえます。

導入までの期間はそれぞれの企業によって異なるといえますが、大体数ヶ月くらいが目安といえます。基本的に社宅管理代行サービスの導入には流れがあり、その流れに沿って契約や管理代行サービスが始まるため、これらの流れの一つ一つにどれくらい時間がかかるかによるといえます。社宅代行サービスの流れとしては大きく、問い合わせ、現状調査、企画提案や見積もり、サービス申し込み、そして契約があり、その後社宅管理代行サービスがスタートするという流れです。

サービススタートするまでの流れについて知ろう

社宅管理代行サービスを導入するという場合、どのような流れで代行サービスがスタートしていくのかについてご紹介しましょう。まずは、社宅管理の代行サービスを提供している会社に問い合わせをして、代行業者にサービスについて興味があることを伝え、コンタクトをとります。

その後、現状の調査がおこなわれ、ヒアリングをしてもらい、現在の管理業務や物件の戸数などの現状を調査してもらいます。そして、課題などをもとにして社宅管理の代行業者の企画提案や見積もりを提示してもらい、サービスの申し込みを、無可動化で検討します。業者の提案内容に納得したら社宅代行サービスに申し込み、契約を結んでいきます。

その際、社宅管理代行導入に向けてより具体的な打ち合わせなどがおこなわれて契約が締結されるという流れです。いつから代行業者に業務をスタートしてもらうかどうかなどもこの時点ではっきりと決めていき、契約を結びます。

代行管理業務が始まり、定期的な打ち合わせなどをおこないながら業務遂行状況を確認していくという流れです。そのため、どれくらいの期間がかかるのかという点についてはこれらのプロセスにそれぞれどれくらいかかるのかということにもなりますし、ケースバイケースといえます。

ポイントをもとにして上手く活用しよう

社宅管理代行サービスは自社で社宅管理をおこなう必要がないので、便利ですしコスト面でもメリットが出やすいといえます。そうした社宅代行サービスを申し込む上で、発注すべきことがあり、そうした点に注意して申し込むことでよりよい形でサービスを利用することができるようになります。

まず、利用する目的を明確にしてどのようにその効果を図っていくのかといった指標を決めておくということが挙げられます。サービスを申し込むときに、管理業務を丸投げしてしまうのはあまり効果的とはいえず、業務の軽減効果やコストの削減効果を得るなど、目的を明確にして効果を測るための指標設定をしておくことがおすすめです。また、目的に合わせて依頼する業務内容を選別するということもポイントです。

 

社宅管理代行サービスの導入には目安として数ヶ月くらいかかるといえ、具体的には各社の状況や契約ごとにそれぞれ異なっています。よりよい社宅管理代行を利用するためにも、管理代行サービスを利用する目的をはっきりさせて、達成した成果を図るための指標を具体的に決めておくことなどが大切です。スピーディーに代行業務をスタートしてもらえるところもあり、問い合わせの際にはそうした点を含めて問い合わせるとスムーズといえます。

サイト内検索
記事一覧