社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者が物件の紹介もしてくれる?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/24

社宅を保有すると、物件探しからオーナーとの賃貸借契約の締結、入居してからのアフターフォローなどいろいろな業務が発生します。これらの業務負担を肩代わりしてくれるのが社宅管理代行会社です。社宅管理代行会社は日常的な不動産管理やトラブル対応のほか、新規に社宅を探す際、物件の紹介サービスを提供しているところもあります。

幅広い業務に対応する社宅管理代行会社の存在

社宅管理代行会社は社宅に関する業務を専門的に取り扱う会社のことで、バラエティに富んだサービスを提供しています。とくに大企業などで、従業員の数が多くなり社宅の規模も数も増えたときには利用するメリットは大きくなるでしょう。

しかし管理代行サービスを取り扱う会社は、それぞれ得意分野や実績が豊富なフィールドには違いがあるため、中小規模の社宅を保有している企業でもメリットを実感できることもあります。業務内容も業者により異なるので、まずは事業の詳細を調べることから始めてみてください。

もともと社宅は保有しているものの管理業務だけは委託したい場合と、社宅に使用できる物件を探している場合とでは必要とするサービスも違ってきます。最近では幅広い業務に対応してくれる社宅管理代行会社も登場しているので、自社が必要とするサービスを提供しているのか、事前にしっかりチェックしましょう。

新規賃貸物件まで紹介してくれるサービスも

社宅管理代行会社のなかには、新規に社宅候補を探している会社に対して賃貸物件を紹介するサービスを提供している事業者もいます。賃貸物件といえば不動産会社で充分見つかりそうに思うかもしれません。しかし社宅は一般的な住まいとは大きく異なります。

利用できるのは賃貸している会社の従業員でなければならず、あくまでも会社の福利厚生の一環なので、その企業の社員だけが生活することを許されているのです。そのため、会社を辞めた場合はすぐに退去しなければなりません。また社宅といっても、単身者向けもあればファミリー向けのタイプもあります。単身者では1dkでも充分な広さともいえます。

しかし当然ながら居住する人数が増えれば部屋の広さも必要で、子どもがいる場合は間取りも必要です。近隣に学校などの教育施設や買い物に利用できる商業施設などがあれば便利です。

このように社宅といっても、いろいろな属性の物件を含んでいます。社員の属性に応じて最適な物件を見つけるのは、専門的に取り扱う業者に依頼するのが近道です。物件紹介もお任せできる社宅管理代行会社は、社宅確保の場面でも大いに助けになる存在といえます。

住居探しのときこそ社宅管理代行会社の利用を

社宅向けの物件探しからスタートするなら、物件を紹介するサービスも提供している社宅管理代行会社を利用するべきです。住居探しから社員が入居したあとの社宅管理までトータルで対応してくれるので、余計な業務の削減やコストの最適化などを図ることができるからです。もちろん、しっかり管理してくれる評判のよい業者を見つけるのが重要ですので、口コミや評判をチェックしたり、複数の業者を見比べてみたりして最適な業者を選ぶようにしましょう。

 

社宅は昔からニーズの高い福利厚生のひとつです。従来から社員寮の形で所有している企業もあれば、新規事業所設置に伴い社宅を確保することになったという企業も存在します。

幅広い業務に対応している社宅管理代行会社なら、社宅の日常管理や賃貸借契約締結の場面でのサポートだけでなく、賃貸案件の紹介を手がけていることもあります。社宅はあくまで社員のみが利用できるという特殊性のある物件なので、社宅管理に精通している社宅管理代行会社に任せれば、社宅管理の一元化もはかれて便利で安全です。

サイト内検索
記事一覧