社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行サービスを検討する上でチェックするべき資格とは?

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/01/14


煩雑な社宅管理業務をスムーズに行うためには、外部委託を検討するのもひとつの方法です。社宅管理代行サービスの利用を検討する際は、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、チェックしたい資格やそれ以外のチェックポイントなどまとめておきます。

社宅管理代行サービスの魅力

社宅管理代行サービスを利用することで、企業にとってさまざまなメリットがあります。社宅管理代行サービスの魅力についてまとめておきます。

ほとんどすべての業務をお願いできる

社宅管理代行サービスには、社宅管理に関して生じる業務の9割ほどが依頼できるといわれています。社宅管理を行う際は、入居者、仲介業者、管理人、不動産会社、役所などさまざまな機関と関わっていかなければいけません。

業務内容がとても煩雑で膨大です。これらの業務をまとめて依頼できるという点は、企業にとって業務効率化につながりますし、担当者の負担も減らせます。

社宅管理代行サービスを検討する上でチェックするべき資格

社宅管理代行サービスの利用を検討する際は、依頼する代行サービス会社に下記のような資格を保有している担当者がいるかどうか確認しましょう。

宅地建物取引士

宅建と呼ばれている資格です。こちらは、社宅管理代行サービス業を行ううえで、必ず必要となる資格です。この資格を保有している従業員がいなければ、社宅管理代行サービスは行えません。

マンション管理士

マンション管理に関してのプロフェッショナルといえる知識を有していることを証明する資格です。社宅では、マンションを利用することもありますので、マンション管理士の資格を保有している社員がいる代行サービス業者だと安心できます。

ファイナンシャルプランナー

社宅を運用していくためには、保険の知識も必要になってきます。保険の専門知識を有するファイナンシャルプランナーがいる代行業者だと安心です。ファイナンシャルプランナーは、保険だけでなく、金融や税制度、不動産など幅広く知識を持っているため、社宅管理に関しても相談しやすいでしょう。

一級建築士

社宅を選ぶ際に、建物に関する専門知識を持っている一級建築士がいることで、社宅の予定となる住宅について不備がないか判断してもらえるなどのメリットがあります。耐震性や防火性などもチェックしてもらえます。

税理士

社宅管理では、税務署へ手続きに行かなければならない場合もあります。こういった税務上の処理も、税理士がいればスムーズですし、税法上の処理に関する相談もしやすくなります。

社宅管理代行サービスを選ぶ際に確認するべき資格以外の項目

社宅管理代行サービスを選ぶ際には、上記で挙げた資格に関することだけでなく、下記のような点もチェックしておきましょう。

社宅管理の実績が豊富にあるか

さまざまな社宅管理代行サービスがありますが、どのような社宅の管理をしているのか、全国でどれくらいの社宅を管理しているのかなど、実績を確認しましょう。

自社の社宅の規模に対応できる会社なのかどうかということを見極める必要があります。経験が豊富な代行業者は、入居者トラブルの対応も数多くこなしているといえるので、安心して任せることができるでしょう。

サービス体制と業務体制の確認

社宅管理に関して、どのような体制で業務を行っているのか、サービスの内容などを確認してください。

コンプライアンスや情報管理について確認

コンプライアンスやセキュリティ管理がしっかり行われているか確認しましょう。代行業者には、従業員の個人情報を伝えることになるため、セキュリティ管理がしっかり行われているかどうかは重要です。

 

社宅管理代行サービスを検討するうえで注意しておきたいことをお伝えしました。社宅管理を外部委託することを検討されている場合は、今回紹介した記事を参考にしてチェックするとよいでしょう。社宅管理代行サービスを選ぶ際の参考にしてくださいね。

サイト内検索
記事一覧