社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行で新しい生活様式に対応した共用部分の管理方法

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/27


社宅管理代行は社宅のメンテナンスを行うだけではありません。清掃はもちろんですが、管理まで行うので、社宅を快適な空間にする業務全般を担っています。新しい生活様式に適した環境づくりの点でも、ノウハウを持っていますから対応できるでしょう。とくに社宅の共有部分は多数の社員が利用するため、従来の暮らしからの見直しが必要です。

共用部分の対策で安全性を高める必要性とは

社宅にはプライベートな部分と共用部分があり、たとえば廊下や玄関、食堂やお風呂がある場合もあるでしょう。この部分の管理は社宅管理代行会社が行いますが、住んでいる全員が利用しますので、衛生面に配慮する必要があります。新しい生活様式で大切なのが消毒、換気、さらに人との距離を保つことです。

安全性を高めるには、清掃をこまめに行うことだけでは不足しています。人が密にならないように動線を誘導する仕組みを作り、大声を出さずに済む環境にすることも大切です。

さらに必要であればパーティーションを設置するなどの対策も欠かせません。自社で管理を行っている場合では、社内の業務だけで人手不足に陥ってしまいます。しかし、共同生活をする社宅でも感染のリスクはあります。安心して暮らせるためには、共用部分の管理まで目が届く管理が必須です。

廊下や玄関では清掃と動線確保が重要

共用部分の玄関は1番のポイントでしょう。ここでも社宅管理代行なら、入り口での消毒も徹底できます。また、廊下も玄関も動線を確立することで無用な混雑で人が密になることを防止できるのです。たとえば入り口と出口で仕切ったりすれば、人の流れもスムーズになります。

この動線を考えて誘導することも、新しい生活様式では有効な手段です。動線をわかりやすく社員全員に周知するのは手間がかかり、本業がある自社で行えば負担になります。しかし、ノウハウをもっている社宅管理代行会社なら適切な方法で、すぐに把握できるように案内を出して、自然と誘導する流れを作れるのです。

これなら混乱も起きずに、安全な新しい生活様式を取り入れることができるでしょう。自社で考えて周知するには大きな負担になります。社宅管理代行会社であればプロの知識と手段で、誰もがわかりやすい方式で対策をしてくれるでしょう。

食堂などの運営も対策をとれる

一定時間を過ごすことになる共用部分といえば食堂があります。しかも食堂は停止することは難しく、利用時間を短縮するのも現実的ではありません。食堂の運営も社宅管理代行会社で扱っている業務の1つですが、ここでも食事の質はそのままに安全な空間になるように対策が立てられます。

たとえば新しい生活様式では座る位置も配慮が必要です。食堂でも席を間引いて隣や正面との距離を取るように配置しなおします。さらにパーティーションを注文口やテーブルにも設置して、換気も一定時間や常時するような体制をつくります。

この管理は手間がかかるため、管理が行き届いた専門の社宅管理代行会社に任せた方が安心でしょう。もちろん、食事を作るときにも衛生面には充分配慮しているため、その点でも不安を軽減させられます。使った後のテーブルへの清掃消毒も徹底していれば、リスクを徹底的に削減できるのです。社員の快適性と利便性はそのままに、新しい生活様式にそった食事時間になるでしょう。

 

リスクがある共用部分では、その管理や運用の仕方が重要です。安心してくつろげる空間にするには、知識や情報、さらに手段に精通している社宅管理代行会社に任せるのが効率的でしょう。大勢が利用する場所だからこそ、入念な対策をとりつつ疲れを取るリラックスできる社宅にすることが大切です。代行会社を選ぶ際には、上記のポイントを参考にしてください。

サイト内検索
記事一覧