社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理をアウトソーシングするメリット・デメリットとは?

公開日:2021/12/01  最終更新日:2022/01/14


社宅管理に業務は内容が多岐に渡ることから、自社に宅建等の知識を持っている社員がいない場合、難しいと感じてしまう内容もあります。できるだけ業務をスムーズに進めたいと考えた場合、社宅管理をアウトソーシングするという方法も検討してみるとよいでしょう。ここでは、社宅管理のアウトソーシングについてまとめています。

社宅管理の課題

社宅管理を行うにあたり、下記の3つのような課題があるとされています。

不動産に関しての知識を有する社員がいない

社宅管理を行う部署において、不動産に関しての専門知識を持っている従業員がいない場合、業務がスムーズに行えない可能性が出てきます。たとえば、社員の要望に合うよい物件を見つけるのに時間がかかってしまう、物件の交渉がスムーズに行えないなどがあるでしょう。また契約手続きやトラブルがあった際の対応にも時間がかかってしまいやすいです。

社宅の管理が行き届かない

全国に営業所や支店がある場合、社宅の管理が行き届かないというようなことが発生しやすいです。管理する物件の数が多ければ多いほど、業務が煩雑化します。とくに新入社員が入社する4月は手続きに追われて他の業務がまわらないという可能性もあるでしょう。

入居者トラブルの対応ができない

入居者のトラブルは、どのような社宅でも起こりやすい問題です。とくに退去時の原状回復でトラブルが多いです。不動産に関しての知識がないとこういったトラブルへの対処も時間がかかってしまうでしょう。

社宅管理をアウトソーシングするメリット

社宅管理をアウトソーシングするメリットについてまとめておきます。

効率よく社宅管理できる

社宅管理では、さまざまな業務が発生します。これらの業務を他の業務と兼務する担当者には、かなり負担がかかってしまいます。少しでも負担を減らすためにも、社宅管理をアウトソーシングすることは有効といえるでしょう。社宅代行サービスに依頼することで、社宅管理に関するほぼすべての業務を行ってもらうことができます。

専門知識を持っている担当者が対応してくれる

社宅代行サービスには、専門知識を持つ管理社員がいます。そのため、自社に社宅管理に関して詳しい担当者がいない場合でも、安心して任せることができるのです。ネットワークを全国規模で展開している業者なら、物件探しやクレーム対応などもよりスムーズに行えるでしょう。

社宅管理をアウトソーシングするデメリット

社宅管理をアウトソーシングするデメリットについてまとめておきます。

情報漏洩のリスクがある

社内の業務をアウトソーシングする場合、少なからず出てきてしまうのが情報漏洩のリスクです。社宅管理に関しては、社員の個人情報を外部に伝えることになります。これらが外部に漏れてしまうことがないように、管理会社の情報管理体制、危機管理体制について把握しておきましょう。

管理費用が発生する

社宅管理をアウトソーシングする場合、管理会社に管理費用を支払いしなければいけません。費用を抑えて委託することはできますが、費用面だけを重視してしまうと希望しているようなサービスが受けられないということもあるので、よく検討して依頼するようにしてください。

社宅管理をアウトソーシングする際は業者選びを慎重に

社宅管理をアウトソーシングする場合には、慎重に業者を選びましょう。各社サービス内容や管理体制などが異なります。しっかり比較検討し、より安心して依頼できる業者を見つけましょう。

 

社宅管理をアウトソーシングするメリットとデメリットをお伝えしました。社宅管理はとても煩雑な業務となっているため、自社に専門知識を持つ社員がいない場合は、アウトソーシングを検討したほうがよい場合も多いです。まずは、現状の問題点や課題を洗い出し、アウトソーシングの必要性を検討してみましょう。

サイト内検索
記事一覧