社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅の入居率が低い!社宅によくある問題と解決方法をご紹介!

公開日:2022/12/01  最終更新日:2023/01/05


現在の企業が抱える悩みとして多いのが、社宅の入居率の低さです。これまでは家賃が安くて社員と交流できるメリットを感じていましたが、現在はそのようなメリットを感じていない社員が増加しています。設備が更新されていない物件に住みたいと思わなくなってきました。また、プライベートと仕事の切り分けができないのも不人気の理由です。

社宅に入居するメリット

住居費の安さは魅力的です。相場の半分以下の料金で生活できる場合もあります。貯蓄したい人にもおすすめです。

自分で物件を借りるよりも安い

住居費が安いのは魅力的です。支出の多くを占める住居費を削減できるので、収入面で余裕がない層には喜ばれるでしょう。

入居率の低い社宅によくある問題点

5つの問題点を紹介します。プライベートと仕事を切り分けたい若年層に社宅離れが進んでいることが考えられます。コミュニティに参加しなければいけないのも負担に感じているでしょう。

勤務先から近すぎる

勤務先から目と鼻の先にあるときは、プライベートと仕事の境目がなくなるので敬遠されています。

勤務先から遠すぎる

首都圏の企業などでは建築コストの削減のため、片道1時間以上かけて通勤しなければいけない場合があります。プライベートと仕事の区別はつきますが、仕事で疲れている状態で時間をかけて帰宅するのはつらいものがあります。

ペットと生活を送れない

一般的にペットを飼育するのは禁止となっています。自分で物件を借りるときにペット飼育可の物件を選択して入居したいと思うでしょう。

プライバシーの問題が気になる

玄関、廊下、駐車場などで職場の同僚と鉢合わせることが頻繁に起こります。職場の同僚と人間関係を構築しやすいメリットはありますが、プライベートの時間に職場の同僚と顔を合わせたくない人もいるでしょう。また、行事にも積極的に参加しなければいけない場合もあります。恋人を自宅に招くのも難しいときがあるので、若者は生活しにくさを感じるでしょう。

設備に不満がある

最新のアイランドキッチンやパントリーのような設備はほぼありません。洋室ではなく和室の部屋しかない場合や温水洗浄便座が備わっていないトイレなど、これまでの快適な暮らしとは異なり、時代が逆戻りしたような設備を使用して生活を送ることになります。自分でリフォームできないので、設備によっては使用方法が分からないことがあるでしょう。

社宅の入居率を上げる方法

地域の物件と同じような設備が備わっていれば、社宅を魅力的に感じる人が増加するでしょう。空室が目立つと入居をためらう社員が出てくるので悪循環に陥ります。

リノベーション工事を行う

費用は発生しますが、入居率が低い状態を放置しておくわけにはいきません。このまま放置していると財政上の優遇を受けられなくなるからです。若者が喜んで入居するアイランドキッチンやパントリーを備え付けることやカードで入室できるようなシステムを採用しましょう。若者が標準設備と考えている基準が高いので、最新の設備と清潔感は物件選びで欠かせません。魅力的な物件に変化させましょう。

福利厚生に力を入れる

テニスコートやトレーニングジムなどを社宅に作る方法も有効です。最近はマンションを建設するときに1階に公共スペースとして、トレーニングジムや温泉が利用できるようになっています。社宅の敷地面積が広ければテニスコートだけではなく、温水プールを作るのもよいでしょう。社員にアンケート調査を実施して、どのような福利厚生施設を望んでいるのか確認しましょう。

行事などは行わない

年末の餅つき大会や夏祭りなどを開催しない方法もあります。家族で入居している社員は行事に参加したいと思うでしょう。しかし、単身者はそのように感じていない場合があります。また、若者が準備や片付けなどを行わなくてはいけないので、精神的に負担を感じるでしょう。プライベートと仕事を切り分けられるようにしましょう。

まとめ

社宅をより魅力的にするための施策は上層部や担当者だけで考えるのではなく、現在入居している社員にもヒアリングして事業を進めていきましょう。改善できる部分は改善して、難しい場合は代替案を考えるようにします。すべての社員のニーズは満たせませんが、現在の状況を改善しない限り状況はよくなりません。思い切った改革が求められています。

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は普段一般企業で人事業務をするかたわら、会社の方針で借り上げ社宅の導入を検討中です。しかし自社で社宅を運用するにあたり、不動産の知識や他部署との緻密な連携が必要になることが発覚し、自分たちで運用するよりも社宅管理代行業者を利用した方がメリットがあると判断し、情報収集を始めました。

当サイトでは、数ある社宅管理業者の中から、信頼できる社宅管理業者を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料んぜひご活用ください。

サイト内検索
記事一覧