社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行はこんな場合におすすめ!3つの事例

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/01/27


近年社宅管理代行会社に業務を委託する会社が増えています。しかし社宅管理代行といっても、どのような業務を代行してくれて、どのような効果をもたらしてくれるのか、メリットは何なのかがいまいちわからないという人も少なくありません。そこで社宅管理代行会社はどのような時におすすめなのか、詳しく説明していくため参考にしてください。

社員一人ひとりのニーズに応えられず、不満が溜まった時におすすめ

全国に展開している大企業の場合、地域ごとに社宅を所有するとなると、莫大な管理コストがかかってしまいます。すべての社宅に目を行き届かせることも困難でしょう。また借り上げ社宅の場合でも、場所によって契約方法や支払い日は異なります。そのため、それぞれに合わせなければなりません。

そうなると次第に社員一人ひとりのニーズに応えることができなくなってきます。その結果社員は少しずつ不満を持つようになるでしょう。このように細かいニーズに応えられなくなり、社員が不満を抱えているという場合に、社宅管理代行会社を依頼するというのがおすすめです。

社宅管理代行会社に業務を依頼することで、社員の細かいニーズに応えられるようになります。たとえば女性専用社宅の場合、セキュリティ面が不安だから何とかしてほしいという要望に対して、オートロック完備の物件を一棟丸ごと借り上げる事で安心感が増し、社員満足度が向上したというケースがあります。

社宅管理の専門知識が乏しい担当者の負担が大きい時におすすめ

全国展開している会社の場合、社内異動は一時期に集中することが多いようです。そのため、その時期だけ社宅管理に関する業務も増加し、担当者には負担となります。そうなると社宅管理をしている担当者は、通常業務がスムーズに行えなくなってしまいます。

もともと担当者も社宅に関する専門的な知識を持っていないため、急激に業務が増えてしまうと負担も大きいと感じるでしょう。このような場合も、社宅管理代行会社に依頼するのがおすすめです。社宅管理代行会社はプロなので、社宅管理業務を効率化してくれて、本来の仕事に集中できる環境を作り出してくれます。

今までの担当者の代わりに、通常の管理業務以外にも複雑な会計業務まで行ってくれるので安心して任せることが可能です。もちろん物件の下見や解約の承認、物件の明け渡し時の立会いなど、委託できない業務もありますが、それでもかなり負担は軽くなるでしょう。

不動産の専門知識がなく、借り上げ社宅の費用が高い時におすすめ

従来は社宅というと、自分の会社が所有している物件を利用しているところが大半でしたが、近年では賃貸物件を借り上げて社宅にしているという企業も増えています。しかしその場合は、企業や社員が自ら物件を探さないといけないため、時間や手間もかかりますし、何より不動産に関する専門的知識も必要です。

専門的知識がない社員が決めてしまうと、借り上げ社宅の家賃が通常より高くなってしまう恐れもあるでしょう。このような場合で困っている時も、社宅管理代行会社に依頼するのがおすすめです。社宅管理代行会社は幅広い不動産ネットワークをもっています。そのため、要望に合った物件を探し出し、一括して借り上げることで家賃を低くおさえてくれるのです。

さらに家電や電化製品が備え付けの物件も見つけ出してくれるので、入居する社員は引っ越しの際に新しい家電を買う必要もなく、費用削減にもつながるでしょう。このように不動産の専門的な知識を活かして優良な物件を見つけ出してくれるというのが、社宅管理代行会社に依頼するメリットの1つです。

 

社宅管理代行は、複数ある自社の社宅に目を行き届かせることができず、社員の要望に応えられなくなり不満が溜まっていってしまっている時におすすめです。また社宅管理の専門知識がないため、繁忙期に担当者に大きな負担がある時や、社宅を借り上げる時に不動産知識がないために高い費用を払わなければならなくなってしまった時などに依頼すれば、解決の手助けをしてくれるでしょう。

サイト内検索
記事一覧