社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅の管理コストを削減するなら社宅管理代行業者に依頼しよう

皆様の会社の中には、社宅を持っている所もあるかと思います。

自社で管理をおこなうと、慣れていないことによる無駄な時間や、時間をかけてしまうことによる余分なコストがかかってしまいます。そのような無駄を削減するために利用するとよいのが社宅管理代行会社です。

 

しっかりと手続きを踏んで契約しよう

まず、社宅管理代行会社とはどのような手続きを踏んで契約すればよいのでしょうか。

まず、自社が社宅管理代行サービスにおこなってもらいたい業務に対応している所を探すことから始まります。例えば、その社宅が社有の物であれば資産・建物管理や入退去の対応などの業務に、借り上げ住宅の場合は物件情報の提供や家賃管理などの業務が必要な場合があります。

全ての会社がこうしたサービスに対応しているわけではありませんので、その点は確実にチェックする必要があります。

そうしてお目当ての社宅管理代行会社が見つかれば実際に連絡し、担当者同士で条件などのすり合わせなどをおこない、見積もりを取ってもらいます。それで納得したうえで契約し、サービスの提供を受けるという流れです。

 

どのような代行会社を選ぶべきか

また、先述のおこなって欲しい業務に対応しているかなどという点の他にチェックしておきたい項目はまだあります。

1つ目は、その会社がどのような実績を持っているかという点です。業界歴はどのくらいか、今までどのような企業や組織の社宅を管理してきたかなどという実績は、選ぶ際の重要な比較ポイントになります。大手企業の社宅などを管理した実績などがあれば、それだけ信頼性が高い会社ともいえるので、まずはじめに見ておきたい項目です。

管理コストが適正であるかという点も必ず確認しておきましょう。管理コストは安いに越したことはないですが、あまり安すぎても信頼できる会社かどうかには疑問符が付きます。その地域における管理コストの相場というものを確認し、その相場前後の価格帯の適正価格であるかという点も選ぶ決め手になり得ます。

その他、マイナンバーの取り扱いに関しても注意が必要です。年間の家賃支払い額が15万円を超過する場合、税務署に決められた書類を提出する必要があります。この調書に貸主のマイナンバーを記載しなければならず、その管理も必要になるためです。

こうした管理サービスも取り扱っている会社ならよいですが、場合によっては別の会社にマイナンバー管理を依頼しなければならない場合があります。そうした点にも注意して社宅管理代行会社を選ぶ必要があります。

 

このサービスを導入するメリット

この社宅管理代行サービスを導入するメリットには、管理コストや管理にかかる手間を削減できるという点以外もあります。その1つが起こり得るリスクの削減という点です。

このサービスを導入せず、複数の不動産会社との契約をおこなうことはトラブルが起こるリスクが高まります。社宅管理代行会社のサービスを導入すれば、不利な条件の契約を結ばれそうになったときに忠告をしてくれたり、代わりにトラブルに対応してくれたりします。

また、従業員の満足度も上げられる可能性もあります。このような会社は、単に管理業務だけではなく入居者への手厚いサポートを提供している所がほとんどです。

 

社宅の管理に関しては、社宅管理システムなどのツールを活用して自社でおこなうという企業もありますが、ある程度のノウハウがなければ使いこなすのが難しいというのが現状です。

やはり社宅の管理のプロフェッショナルである代行会社のサービスを活用して、ほとんどのことをお任せする環境にしておいたほうが作業能率も上がるでしょう。自社の管理体制にぴったりな代行会社を選び、より企業の生産性を上げていくことが成功への秘訣です。

 

サイト内検索