社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行は大手会社におまかせするのが安心?

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/03/30


社宅管理は自社で行うことも不可能ではありません。しかしその管理にあたっては、さまざまなことをしなければなりません。そのため、その管理にあたっては代行業者を利用するのがおすすめです。そこで本記事では、社宅管理代行を依頼するメリット、またその際の依頼先の選定ポイントなどを徹底解説します。

そもそも社宅管理代行はどのようなサービス?

社宅管理代行というのは、その名の通り自社で行うべき社宅管理に関わる業務を外部の企業に代行してもらうサービスのことです。その具体的な代行してもらえるサービスの内容としては、借り上げ社宅の契約や解約、従業員の入居、退去の管理を中心とした社宅管理業務を自社に変わって外部の企業に行ってもらう、というものです。

なお、このような自社の業務を外部に委託する行為はアウトソーシングとも呼ばれます。 特に大半の社宅が占めている借り上げのものは家主が法人ではなく個人の場合も多いです。そのような物件を利用した場合、物件の場所や所有者が分散していることも多く個々の家主とそれぞれその詳細を確認した上で契約しなければなりません。

加えて、契約時には専門的な知識が必要なため、社内の管理部門にその業務を任せてしまうと手間もかかり大変です。そのような大変な業務の約9割にも及ぶ大半をすべて任せることができるサービスこそが、社宅管理代行です。

社宅管理代行を利用するメリットとは?

このように社宅管理代行を委託する最大のメリットは、自社で管理した場合に生じる事務作業が一切不要になる、というところにあります。ただ、その利用にあたってのメリットはそれだけではありません。 社宅代行会社を利用すると、社宅自体の利便性やユーザーの満足度を上げることができる可能性が高いです。

業種にもよりますが、自社内に不動産情報に長けた社員が多くいることは少ないです。また、社宅を利用する社員のニーズと不動産情報をうまくマッチさせることはその道のプロでなければなかなかできるものではありません。よくわからないままなんとなく社宅を選択してしまうと、社員の満足度はかえって下がってしまうかもしれません。

一方で、社宅管理代行サービスを提供している事業者は、社員のニーズと実際の物件をマッチングさせる技術に長けているその道のプロです。加えて、万が繁忙期の管理事務の遅延などによって希望日に入居や退去ができないといった入居者と担当者感にトラブルが発生したとしても、円滑な解決を見込める点もメリットです。

社宅管理代行を利用するなら大手企業がおすすめ!

社宅管理代行会社によってはサービスに対応している地域が限られている場合がある点には注意が必要です。一方で、企業の規模にもよりますがその成長とともに全国津々浦々に社宅を構えていく方向に進む可能性が高いです。

そのような事実を踏まえると、全国規模で対応ができる大手の社宅管理代行会社の利用をおすすめします。せっかく社宅管理代行会社を利用したのに煩雑な事務管理が一括で済まなくなってしまっては意味がありません。全国のどの物件であっても窓口ひとつ、同一企業内の異動であれば家賃の相殺なども可能となり、複雑支払い管理業務からも開放される代行企業をしっかりと選びましょう。

また、社宅管理業務は業務が広範囲にまたがるものばかりです。さらに、大切な社員の個人情報や財産を預かる業務とも言えるため、守秘義務やコーポレートガバナンスがしっかりした企業に依頼すべきです。そのため、各分野の専門スタッフが充実していてかつ体制が整備されているという観点からも大手の社宅管理代行企業を利用することをおすすめします。

 

社宅代行会社の概要及びその利用によって受けられるさまざまなメリットを紹介してきた本記事でしたが、いかがでしたでしょうか。なお、その利用にあたってはサービスの質の面を踏まえ、特に大手社宅管理代行会社の利用がおすすめです。

サイト内検索
記事一覧