社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行でアウトソーシング!コストダウンに成功

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/12


社宅管理代行サービスは社宅管理業務を外部の企業にアウトソーシングするサービスです。部分的に依頼できたり、業務のほとんどを任せることができます。社内スタッフの業務負荷を削減できたり、コスト改善につなげることができるでしょう。社宅における管理や手続きにおける負担を、軽減できます。

一部やほとんどの業務を任すことができる

社宅管理代行サービスを依頼すると、コストを削減することが可能です。アウトソーシングすることによって、社内業務を軽減できたりさまざまな面においてコストを抑制できます。専門家が交渉するので賃料や原状回復費用などを適正化でき、違う物件も一括し損害保険の手続きも行えます。賃料など振込手数料を一括化できるので、大幅に削減することが可能です。

社宅管理代行サービスにおけるサービスや手数料は業者によって異なりますが、個々の物件毎において契約しなくてもよかったり家賃の支払いを集約できます。家賃の振込業務を委託できる業者はありますが、振込箇所を1箇所にすると支払業務自体を楽にできるでしょう。一部だけ代行するところもありますが、振込業務といったほとんどの業務を担当するところも多いです。

社宅管理代行サービスを利用するといろいろなメリットがありますが、結果的にコスト削減につながります。新しく社宅管理をスタートするなら、新しいスタッフを確保することもなく社宅担当者が既にいるなら引き継ぎも簡単です。社内の人的リソースを業務に集中させることができます。

本来の業務に専念することが可能

社宅は転勤借上社宅を意味しており、管理は多種多様で特殊なものがあります。きちんと管理するなら担当者の負荷になったり、いくつかポイントもあります。たとえば所有者が個人の場合、契約や交渉などに専門スキルが必要です。地域によって商慣行が異なり、一元管理が難しいかもしれません。

敷金や家賃などの支払い日といった取引とは異なる管理も必要になるでしょう。社内異動にともなって管理業務が集中しがちになる傾向が多く、スタッフを用意しなければいけません。社宅管理は人事部や総務部などの管轄になりますが、経理部や財務部などもコストの関係で影響が及ぶケースがあります。さまざまな業務をスタッフがフォローしますが、専門的な知識が必要になってきます。

このようないろいろな問題を解決するため、社宅管理代行サービスは便利です。アウトソーシングすることにより、業務に人員を集約できるので最終的にコスト削減にもつながります。社宅管理代行サービスを依頼するとさまざまなメリットがあり、無駄に人的リソースを稼働させないようアレンジすることが可能です。専門業者に依頼すると社宅利用者の利便性も高めることができ、満足度が向上させることができます。

無駄なコストを削除できる

企業が社宅管理を行っている場合、空いている部屋を賃貸で貸し出そうとしても不動産会社と交渉したり借主の交渉のため、時間や手間を取られるケースが多いです。社宅管理代行サービスを活用すると、これらの手続きを行ってくれたり企業は窓口一つで完了できます。

社宅管理代行サービスを使用すると、人事部や総務部の手間が省略され企業として経営効率を高めることが可能です。借り上げ社宅を使用したいなら、社宅管理代行サービスなら家主と交渉をカットできます。企業で社宅管理を行う場合、人事部や総務部においてスタッフを設定しなければいけません。

しかし代行会社に依頼すると、人員を営業や他の収益などに貢献する部署に配属することが可能です。無駄な費用をカットできたり、経費を使わずスムーズに業務遂行できます。自社で社宅を維持し管理するため書類作成に関して専門業者に委託すると、減らすことが可能です。資料作成や契約書などを管理する業務がなくなるので、社内スペースも有効的に活用できます。

 

社宅管理をアウトソーシングすると、最終的にコストを改善することが可能です。社宅管理代行サービスではさまざまなサービスを提供しており、スタッフは本来の業務に集中できるようになります。手間や時間を削減し、効率よく管理することが可能です。

サイト内検索
記事一覧