社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者に依頼する目的とは?

従業員の福利厚生の一環にもなっている社宅ですが、会社側としても従業員としてもメリットもありますが、逆に不満に感じる点も多いのが原状です。

それを解決しつつ、中身の濃いものにするのに注目を集めているのが社宅管理代行です。双方にとってメリットが多いですから、導入する企業も増えています。

 

本業に集中できて無駄なコストもカット可能

社宅管理代行を利用する目的で多いのが、本業に集中することができることです。社宅に関する業務は、多くの企業が専属の課があるわけではなく兼任が殆どです。

例えば総務部が一般的な総務の仕事の一環として処理していることも多く、転勤が集中する時期などは他の仕事が遅れてしまったり、時間外労働が増えてしまう傾向があります。その負担になっている部分を社宅管理代行にすることで、本業に集中できてスムーズな流れを生み出すこともできます。

さらに、無駄な残業も減らして人件費削減にもつながります。面倒な処理が多いからこそ、専門となる会社に代行してもらうほうが安心とも言えます。仕事の質を高めることもできますし、無駄なコストのカットもできる目的ですでに導入している企業は多いです。

 

新たな社宅契約や更新でもプロが代行してもらえる

社宅も借り上げとなると、地元の不動産会社やオーナーと条件面など話を詰めて契約しなくてはなりません。全国規模の会社だと社宅もいろいろな土地に必要ですので、本社の担当ではその土地その土地の事情が分からず、手間取ったり損をしてしまうこともあります。

また、離れた場所では話し合いも時間がかかったりとタイムリーに進まないこともあります。ここが宅管理代行を利用する目的にもなります。プロの知識とネットワークで、さまざまな場所で新規や更新の手続きや契約を代行してもらえます。

ケースバイケースで適切な交渉をしてもらえるので、無駄に高い社宅費用にならずに済みますし、スムーズに社宅物件探しから契約までできるので時間も節約できます。

社宅全体の管理をしてもらえるので、柔軟に社宅の新規や変更も対応できます。会社の状況を見ながら適切に対応できるのは、余裕を持った管理体制が社宅管理代行でできるからこそのメリットです。

 

従業員からの問い合わせも窓口が明確で安心感を与える

入居してそこで暮らす従業員にとってもプラスになるのが社宅管理代行です。新しく入居するときの物件の紹介から、契約までを代行してもらえますので、やり取りにかかる時間や手間も省けます。

さらに入居してからも何か問い合わせがあれば、すべて窓口を社宅管理代行業者で一括になるので、利用者としても分かりやすくて安心ですし、会社としても膨大な量になる対応を任せられます。

また、入居者や退去者の手続きも代行してもらえるので、通信費や連絡代など細かい経費の計上も不要になり、それも導入する目的として大きいです。もし、自分たちですべてを行おうとすると、社宅物件の1軒ごとに状況を把握するところから始まります。

しかし、社宅管理代行なら情報の管理体制から整っていますし、現地でのフォローも可能ですので素早い対応です。

これが従業員にとっても快適な暮らしのサポートとなり満足度がアップして、それが会社への信頼にも重なってきます。

 

社宅管理代行を利用することで本来の業務の質アップやスピードアップになります。借り上げや入退去の際の契約などの煩雑な手続きも、丸ごと依頼できますので、無駄がない処理ができるようになります。

また、従業員側でも対応窓口が社宅管理代行の1つにまとまって、利便性と安心感にもつながりますので、会社と入居者の両面でプラスになります。導入目的は多くありますが、どれも仕事と暮らしの質アップのためにプラスになることばかりです。

 

 

サイト内検索