社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者は防災訓練の実施も可能?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/16

社宅管理代行業者では、自然災害などへの対応に迅速に応えてくれるのでしょうか。社員もそうした意識改革が必要ではあります。訓練などが実施できるのか、それが可能ならばどんな体制なのかも気になる点で、調べてみましょう。

幅広いサービスを展開してくれる

借上社宅と社有社宅がありますが、社宅管理代行業者はどちらにも精通しています。また、臨機応変なサービスをウリにするところもあり、かなり大きな範囲で企業の社宅管理をおこなってくれます。

例えば、転勤者に最適となるのが引っ越しに関するコンサルティングですし、セキュリティーへの対策など、一見して社宅管理とはかけ離れている内容でもありますが、そこでの暮らしに不満が出ないような対応を打ち出しており、費用対効果がしっかり得られるといいます。

また、社宅管理代行業者は『防災訓練』の実施に関して何かしら手を打ってくれるのでしょうか。もちろん、安心・安全面においても力を入れているところもあり、実際に実施も可能なようです。

というのも、自然災害による世間の防災意識はここ10年ほど高いままです。地震、火災、水害などを意識しなければならない、そうした状況は続いています。ですから、ここ最近の社宅はデザイン性や設備面も魅力的ですが、防災性も決してないがしろにできないのでしょう。

いろんな場面を想定して体制を整える

防災訓練の実施も可能とする理由は、社宅は社員が入居しますが、地域の人との触れ合いもあるでしょう。助け合いが必要な場面を想定することも必要ですし、災害が発生した際、不審者が侵入しても分かりづらい環境かもしれません。

社宅管理代行業者は、犯罪性があるものを含め、自然災害にはどのように備えればいいのかを考えさせるきっかけに、実施を可能としているともいいます。そうした防災やセキュリティーへの対策に強みを持つ社宅管理代行業者を選ぶのもありでしょう。

対応するコールセンターも設置されていますし、もしものとき、電話回線が不通になったら、そうした場合を想定し、関係者と連絡がつく手段についても取り決めをしたり、防災訓練の報告を受けたり、万事対応できる体制を整えてくれているようです。

オプションサービスが充実している

防災訓練の内容もさまざまですが、社宅管理代行業者では人感センサー内蔵のホームセキュリティ端末を導入しているようです。具合が悪くなったり、一定時間、社員に動きがないなどの安否情報をいち早くキャッチし、通知できるシステムを採用しています。

また、警備員を派遣できるなど、いざというときやアクシデントが発生したとき、迅速な対応を可能にしているのはありがたく感じるでしょう。安否確認、非常呼び出しなど、24時間対応しているコールセンターとの連携プレーもウリです。

ちなみに、自社所有物件であっても、社宅管理代行業者は幅広いサービスで応えてくれるようです。例えば、自社所有物件でも火災の予防は必要不可欠です。保守・点検などの建物の管理まで依頼することができます。今は、スプリンクラーなどの防災設備が自社所有物件であれ設置されているでしょう。

これらの設備が機能しないことなどあり得ない、そうした内容は保守・点検サービスで実現できるのです。どこから避難するか、避難経路の確認から、消火器の使い方まで教えてくれます。サービスの基本業務は同じでも『オプションサービス』に違いがあるケースもあって、防災訓練もその1つになり得るでしょう。

 

社宅管理代行業者は、ただ管理するサービスだけを請け負うのではなく、自然災害などの防災訓練の実施などにも関与してくれます。いつ、地震や火災などが起こるとも分からないからこそ、しっかり社宅管理代行業者では保守・点検でサポート体制を強化してくれています。

セキュリティー面も抜かりなく、それだけ世間の意識も安全・安心な暮らしを求めているのではないでしょうか。オプションサービスもさまざまにあり、相談できる体制も魅力です。

サイト内検索
記事一覧