社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行サービスでよくある依頼企業の悩み

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/09/19

社宅管理代行を利用することで、企業側は管理の手間が省けるなどのメリットが生まれます。ですがメリットがある一方で、依頼企業の中にはサービスを利用することで悩みがあるケースも見られます。

そこで利用を検討しているのであれば、どのようなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

手数料を含めてトータルで判断すること

社宅管理代行業者を利用することで、企業側が管理を行う手間を省くことは可能です。手間が省けてお得だと思っても、状況によっては損をする可能性も出てきます。

例えば損をしやすいケースの1つに管理する社宅の数が少ないという場合があげられます。戸数が少ない場合だと、管理を依頼する手数料の負担が大きくなるかもしれません。実際に社宅管理代行の利用を検討しているのであれば、シミュレーションを行うことも大切です。

シミュレーションを行うことで、自社に合った形で利用できるのか検討しやすくなります。より良い形で利用することができれば、手数料がかかってもお得と感じやすくなります。しかし戸数が少なく手数料の負担が多くなって、利用が損だと感じることもあるでしょう。

依頼企業にとって社宅管理代行の利用についてメリットとデメリットのどちらが大きいかは、状況によって異なります。だからこそシミュレーションを行って自社の状況を考慮して選択することが大切です。

意志疎通が問題なく行えるのか把握する

社宅管理代行業者を利用した企業が抱える悩みの1つが、意思疎通が思うようにできないという点です。利用する業者によっては、思うように連絡が取れずに要望を伝えられないというケースも見られます。問題なく利用できるようにするためにも、意思疎通の面で問題がないか確認するようにしましょう。

ここで問題になるのが、連絡をスムーズに取り合うためにはどのような点に注意したらいいのかということです。例えば問い合わせをした時点で返信が遅いなどの場合には、注意が必要です。

最初の時点でレスポンスが遅いと、今後のやり取りもスムーズにできない可能性が高くなります。事前の連絡のやり取りで違和感があったら、別の業者に依頼するようにしましょう。

また意思疎通の面で問題が起きないようにするために、契約前の打ち合わせを丁寧に行うことも欠かせません。共有する情報の内容やサービスの中身を1つずつ確認しておくことで、利用後の悩みを減らすことにもつながります。

委託できるサービスの範囲をチェック

社宅管理代行業者を利用するといっても、具体的にどのようなサービス内容なのかという点には違いが見られます。

そのため実際に利用することを検討しているのであれば、違いを把握したうえで判断することが欠かせません。サービスの内容を知らずに契約してしまうと、利用を開始してから後悔する可能性が高くなります。

また問題なく委託するためには、事前に情報共有を行っておくことも欠かせません。自己判断でサービス内容を判断してしまうと、思っていたものと内容が異なっているという可能性も出てきます。自分の勘違いで後悔することを防ぐためにも、気になる点があれば事前に確認しておくことが大切です。

サービス内容が充実している業者でも、利用しなければ意味がありません。そこで利用する可能性があるのか、活用する意味があるのかなどの点を確認しましょう。自社にとってより良い形で委託できるところなら、満足度の高い形で利用することにもつながります。

 

社宅管理代行業者を利用している企業の中には、悩みを感じているケースも見られます。手数料がかかるもしくは思うように意思疎通ができないなど、依頼企業が抱える悩みにはさまざまなものがあります。

実際にどのような問題があるのか把握したうえで、トラブルなく利用できそうな業者を選びましょう。

サイト内検索
記事一覧