社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅の退去費用は会社負担?原状回復トラブル避ける方法

公開日:2024/02/01  最終更新日:2024/01/12


社宅の退去費用は企業と従業員の負担が分かれるケースがあり、原状回復に関するトラブルが避けられずに起きている現状があります。この記事では、社宅の退去費用の基本的な原則と、企業と従業員がトラブルを避けるための対策について探っていきます。社宅の原状回復トラブルを避けたい方は、下記をご覧ください。

社宅の退去費用は誰が負担する?

借り上げ社宅と社有社宅で異なる退去費用の負担について、まずは基本原則を理解しましょう。賃借人が負担するものは、賃借人の過失による傷や汚れなどの修復費用です。

一方、賃貸人が負担するものは、通常の使用による汚れや傷の修復費用です。

借り上げ社宅の場合

企業が賃借人となる借り上げ社宅では、一般的には会社が退去費用を負担することが多いです。

ただし、具体的な負担内容は企業の社宅管理規程によって異なります。社宅を福利厚生として提供している場合は、入居者負担にすると従業員の負担が大きくなりますので、会社が一部または全額を負担する傾向があります。

社有社宅の場合

社有社宅では、企業が賃貸人となり、社員が賃借人となります。ここでも、企業によっては社員に退去時の費用を徴収するケースもあります。

しかし、具体的な負担内容は企業の方針により異なります。社有社宅では社員の過失による費用負担を定めた規程があれば、トラブルを避ける効果が期待できます。

原状回復費用の相場

原状回復費用の相場は、修繕やクリーニングが必要な箇所や物件の状態によって異なります。以下は一般的な相場の一例です。

原状回復の内容と料金相場

・壁や天井の張替え(壁紙): 4万5,000円(6畳の部屋の場合)
・壁や天井の張替え(ボード): 1万円(小さな穴の場合)
・床材の張替え: 2~6万円 (1畳あたり)
・水垢やカビのクリーニング: 1~2万円(浴室/1回)
・キッチン汚れのクリーニング: 1~2万5,000円(1回)

次に、ハウスクリーニング費用の相場も考えてみましょう。

ハウスクリーニング費用の相場

・キッチン: 1万2,000~2万円
・浴室: 1万2,000~1万8,000円
・トイレ: 6,000~9,000円
・洗面所: 7,500~1万円
・水回り: 1万5,000~3万8,000円(3箇所)/1万8,000~7万5,600円(5箇所)
・床材のクリーニング: 8,400~1万5,000円(6畳あたり)

これらはあくまで一般的な目安であり、業者や地域によっても価格は変動します。契約時に具体的な費用の見積もりを取り、契約書や規定に基づいてトラブルを避けるよう心がけましょう。

社宅のトラブルを避けるための対策

社宅のトラブルを避けるためには、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を確認し、負担の原則を理解することでトラブルを避ける手助けになります。このガイドラインは、賃貸物件におけるトラブル解決の基準として定められており、原状回復費用の明確な基準を提供しています。

また、契約を締結する際に、社員に対して契約条件を明確に説明することで、トラブルの未然防止が可能です。とくに、退去時の費用負担に関する事項は重要であり、契約当事者としての責任を理解してもらうことが不可欠です。従業員が契約条件を正確に理解することで、入居から退去までのプロセスが円滑に進むでしょう。

さらに、企業が社宅規程に費用の負担区分を明記することで、従業員との合意形成がスムーズになります。社宅規程は、入居者である社員と企業との契約の基本となるものであり、費用の負担が明確に定められていれば、トラブルの発生を防ぐことが可能です。従業員が入居前に規程を確認し、同意することで、両者の間での認識のずれを最小限に抑えられます。

最後に、企業と従業員で費用の負担について誓約書を取り交わすことで、トラブルの発生を未然に防ぐことが可能です。誓約書は、双方の意思確認を文書で明確にするものであり、とくにトラブルのリスクが高い項目については、従業員が了解したうえで同意を得ることが肝要です。

これにより、トラブルが発生した際には、取り交わされた誓約書が証拠となり、円滑な解決につながるでしょう。

まとめ

社宅の退去費用は、企業と従業員がしっかりとルールを定め、理解し合うことが重要です。ガイドラインの活用や契約条件の明確な説明、社宅規程への明記、誓約書の取り交わしを通じて、トラブルを未然に防ぎ、円滑な入居・退去プロセスを構築しましょう。これにより、社宅に関するトラブルを回避し、従業員と企業の信頼関係を築くことが可能です。

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は普段一般企業で人事業務をするかたわら、会社の方針で借り上げ社宅の導入を検討中です。しかし自社で社宅を運用するにあたり、不動産の知識や他部署との緻密な連携が必要になることが発覚し、自分たちで運用するよりも社宅管理代行業者を利用した方がメリットがあると判断し、情報収集を始めました。

当サイトでは、数ある社宅管理業者の中から、信頼できる社宅管理業者を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料んぜひご活用ください。

サイト内検索
記事一覧