社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行業者と起こりやすいトラブルとは?

社宅を会社の方で運用する場合、実際にはさまざまな不動産に関する知識なども必要とされることが多く、手間がかかってしまいます。

そのため、現在ではそうした手間を省略するという目的からも社宅管理代行会社を利用する会社も少なくありません。専門的な知識を持った人が管理することになるので、より質の高い対応が期待できるようになります。

 

利用するうえでメリットだけでなくデメリットも存在

例えば、社宅管理代行会社を利用する場合、管理は全て専門的な知識を持っている人がおこなうので、社宅管理に関する負担がかなり軽減されます。

また引越しをするときの原状回復に関してや、家賃の回収なども全てお任せとなるので、利用するメリットは十分あると言って良いでしょう。またその物件の状態も良い状態が維持されるので、社員自身の住環境も満足のいきやすい状態で管理できるというメリットが存在しています。

しかし、実際に利用する場合はメリットだけでなくデメリットも存在しているので、その点にはしっかりと目を向けておくことが必要です。そもそも、他の業者を利用するということになるので利用料・手数料が発生してしまいます。

もちろん業者側は無駄なコストを発生させないように管理業務をおこなってくれるのですが、ときにはコスト削減ではなくよりたくさんのお金を払うことにもなりかねません。したがって、 利用にあたってはメリットばかりがクローズアップされることもありますが、デメリットも存在しているということを理解しておくほうが良いでしょう。

 

情報が届かない可能性が出てくる

通常、自社での管理をしている場合はいつ、どこで何が起きたかなどの情報が全て分かるようになっています。

しかし管理業者に全てを依頼すると、トラブルが発生したという情報が上がってこないままになってしまう可能性も否定できません。もちろん不要な情報は必要ありませんが、必要な情報も来なくなってしまう場合があるので、その点には注意しておくほうが無難です。

また、管理業者にはさまざまなことを依頼することができますが、押印代行をしてもらうために印鑑を渡すと、印鑑を悪用されてしまうというトラブルも発生しています。もちろん預けても全く問題ない業者も少なくありませんが、中には悪用してしまう場合もないわけではないので、信頼できる業者に依頼することが必要です。

 

倒産時に敷金などの回収ができなくなる可能性

社宅管理代行会社を利用することで、余計な負担のない状態で社宅を利用することができるようになります。しかし社宅を利用する際はただ単に物件の管理を依頼するのではなく、実際には敷金の管理なども全ておこなってもらうことも可能です。

その際、もしもその管理会社のほうが倒産してしまう場合、預けてある敷金が回収できなくなってしまう可能性が出てきてしまいます。結果として、自社にとっては損失となってしまうトラブルも発生していないわけではないので、その点には気をつけるようにします。

さらにしっかりとお金などの管理もしてもらおうとすると、余計な費用が発生してしまうということも少なくありません。もちろん管理費を払えば良いのですが、その金額がかなり高額になってしまうということもあるので、注意が必要です。

 

社宅を利用する場合、社宅管理代行を利用する方法もあり、この方法であればプロが対応してくれるので全てを委託することもできます。しかし委託するとなるとそのための費用が発生し、高額になる可能性も十分あるだけでなく、情報がなかなか届かないという事例も発生しています。

また委託している業者のほうが倒産してしまうと、ときには敷金の回収などができなくなってしまうというトラブルもないわけではありません。また印鑑を預けるとその印鑑を悪用されてしまうということもあるので、実際には信頼できる業者に依頼することが必要だといえます。

 

 

サイト内検索