社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

戸数が多く管理しきれないときは社宅管理代行業者を利用しよう

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

企業が社員のために用意する住宅が、社宅です。福利厚生の充実や社員の税負担軽減などが目的となりますが、特に管理する戸数が多いときには、会社の経理にとって大きな問題になりかねません。そんなときに役立つ社宅管理代行サービスについて、見ておきましょう。

社宅の戸数が多いと処理が大変になる理由

社宅を用意するには、物件探しから契約の締結他に、アフターケアの上でも煩雑な業務が生じてきます。社員数が多ければ、それだけ多くの社宅を準備することになるはずですが、実際には一戸増えるごとに、かなりの負担が増えていくものです。

もしも、そのせいで経理の業務効率が悪化したり、手に負えなくなっている場合には、社宅管理をアウトソーシングしていくのが選択肢でしょう。アウトソーシングを利用していくことで、企業側としての対応は、管理会社に絞ることができます。

これまでは多数の社員につき、個別に契約などの確認が必要でしたが、管理会社がまとめてやってくれるため、管理業務が非常にシンプルになるわけです。支払いなどもまとめておこなうことが可能ですから、何かと煩雑だった業務をスリム化するのに役立つでしょう。

社宅管理代行サービスを利用するメリット

社宅の個数が多いときに、社宅管理代行サービスを利用するメリットは大きく3つあります。それぞれ業務の効率化、コストカット、そしてセキュリティ面の改善です。

まず、業務の効率化については、社宅に関する多彩な業務を委託できるので、企業側の負担は大きく削減を目指せます。社宅を用意すると、新規の契約から更新・解除の処理も必要ですし、問題が生じたときの対応なども含めると、かなり多岐にわたっての業務が必要です。

特に問題になるのが、新規社員の加入や転勤のタイミングで、このときには社宅の契約行為と人事関係の業務が一気に膨れ上がりますから、企業にとっては大きな負担になりかねません。管理を委託しておけば、社宅に関する問題を丸ごと任せられる分、企業の担当部門の業務効率に関し、大きな改善を期待できるわけです。

社員の業務を効率化できる他、不動産運営についても最適化を目指せるため、コストカットに繋がる可能性もあります。一戸当たりの削減額が小さくても、多くの戸数を抱えているときには、総合すると大幅な改善を見込めるケースもあり、要検討です。

最後にセキュリティについてですが、社宅管理代行サービスは賃貸契約に関してのノウハウが豊富で、契約内容が漏出しないような配慮をおこなっている会社もあります。この場合には契約書や個人情報を厳重に取り扱ってくれるため、自社で管理するよりもリスクを低減することも可能です。

社宅代行サービスを選ぶポイント

管理する社宅の個数が多いときには、その分は信頼できるサービスを選んでいくことが大切です。これまでの管理実績や、経営規模などから選んでいきましょう。

特に多くの社宅を利用する場合には、代行サービスが対応しきれるのかどうか、見極めていくことも大切となります。担当者の対応のスムーズさや、サービスの対応範囲などをチェックしていきましょう。細かな部分では、近隣住民への対応や、警備関係の業務が含まれる会社もあるので、綿密に調査していくことをおすすめします。

 

管理している社宅の数が多いときには、管理をアウトソーシングするのがおすすめです。社宅にはいろいろなメリットがあり、これに対してデメリットもありますが、管理代行に任せれば良いところを増やしつつ、困った部分を削っていくことも目指せます。

社宅管理代行サービスは、会社によってプランや対応範囲などが異なっているので、じっくりとリサーチして、自社にあったものを選んでいきたいものです。情報収集は比較サイトを利用しつつ、公式ホームページのチェックや、問い合わせをして対応を見ていくのも良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧