社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行で起こりやすいトラブルと解消法

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/12


近年では社宅の管理を代行するサービスがあり、こうしたサービスを提供している会社に社宅の管理を依頼する企業も増えているようです。しかしメリットがある反面トラブルが起こることもあります。では社宅管理代行会社に依頼した場合はどのようなトラブルが起こりやすいのか、また解消法はどうすればよいのかについて詳しく見ていきましょう。

地域ごとによって異なる手続きに上手く対応できない

よくあるトラブルとして挙げられるのが、地域ごとによって異なる手続きに上手く対応できないという点です。社宅が全国に複数ある企業もあり、すべての社宅の管理を一括で依頼したが、それぞれの地域ごとに手続きの方法が異なるため、きちんと対応できずにトラブルになってしまったというケースがあります。

原因は地域ごとに習慣が異なることを理解できていないことから、契約交渉が上手くいかないなどがあげられるでしょう。また、社宅管理代行会社が普段扱っていないエリアまで任されてしまい、そのエリアの不動産会社とのネットワークが築けておらず物件の管理をスムーズにできなかったなどのケースもあります。このようなトラブルを避けるには、事前に社宅管理代行会社の過去の実績について調べておくことが大切です。

とくに不動産関係は地域ごとによって手続き方法は変わるため、あらかじめ依頼を考えている代行会社のホームページをチェックして、社宅がある地域にコネクションがあるかを調べたり、何かトラブルが起きた時でもスムーズに対応できるかをチェックしたりしておくということが、トラブルを防ぐ方法です。

代行会社が倒産した時に、お金を回収できなくなってしまう

社宅管理代行会社を利用する場合、物件の管理だけでなく敷金など金銭の管理も任せることが可能です。しかし、依頼していた代行会社が倒産してしまうと、今まで預けていた会社の敷金などが回収できなくなってしまうというトラブルがあります。

その結果、自社にとって大きな損失を与えてしまうことにもなりかねません。解消法としては社宅管理代行会社にすべてを任せないということです。

社宅の管理は任せるが、金銭の管理は自社で行う、印鑑など重要なものは渡さないといった対策を行なえば、リスクを減らせるでしょう。とにかく金銭の管理は多少費用がかかっても、自社で行うようにすれば、代行会社が倒産しても、金銭が回収できないという最悪の事態は避けられます。

社宅の性質を理解していないため、サービスがスムーズにできない

社宅代行管理をしている会社は多数あり、中には一般的な不動産管理会社がサービスの1つとして行っている場合もあります。このような場合は社宅の性質をきちんと理解しておらず、普通の賃貸物件の管理と同じと勘違いしてしまうことがあるようです。そのため、サービスがスムーズにできなかったりトラブルが発生したりするケースが少なくありません。

契約交渉や入金手続き、さらには敷金などの管理や一時的な転勤者に対する対応など、社宅ならではの専門知識がないと、管理者と入居者との間でもめごとが起きることもあります。依頼した会社と管理会社との間で意思疎通が上手くできていないと、その結果サービスの低下にもつながってしまうでしょう。

このようなトラブルの解消法として有効なのが、社宅管理代行を専門に行っている会社に依頼することです。専門会社に依頼すれば、社宅について詳しいため、さまざまなトラブルを回避できます。問題点や改善点をアドバイスしてくれるなどのメリットもあるので、ネットで調べてみるとよいでしょう。

 

社宅管理を外注すると、社宅に対する専門的知識が少ないケースがあります。また、地域ごとによって異なる手続きに上手く対応できなかったり、すべてを任せてしまうと代行会社が倒産した時に金銭を回収できなくなってしまったりする場合があるようです。このようなことにならないためには、事前に依頼する会社を調べておいたり、すべてを任せないようにしたり、社宅管理代管理を専門にしている会社に依頼したりするなどの対処法が有効でしょう。

サイト内検索
記事一覧