社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行サービスを利用する際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/14


業務効率化のために社宅の管理は社宅管理代行サービスを導入しているという企業も多いです。しかし、社宅管理代行サービスを利用して失敗してしまった…というような事例もあります。どのようなことが失敗につながってしまうのか、社宅管理代行サービスを利用する際の注意点についてまとめておきます。

そもそも社宅管理とは?

企業では福利厚生のひとつとして、従業員に社宅を提供することがあります。従業員に提供する社宅の管理は、企業側で行います。入居の手続き、退去の手続き、賃料の支払い、更新手続きなど社宅管理業務は多岐に渡ります。これらの社宅管理業務を一括して外部へ委託する場合、社宅管理代行サービスに依頼するケースが多いです。

社宅管理代行サービス利用時によくある失敗

社宅管理代行サービスでは、社宅管理に関するほぼすべてを対応してもらえるといわれていますが、なかには一部の業務しか対応できないというような代行会社もあります。ここでは、社宅管理代行サービス利用時によくある失敗をみておきましょう。

全国対応が難しかった

全国展開している企業の場合、全国に社宅を用意しなければいけません。全国にある社宅を一括管理するためには、社宅管理代行サービスも全国展開しているほうが安心です。なぜなら、地域によって手続きの仕方が異なることが多く、契約交渉が難航してしまうことがあるからです。各エリアについて把握している担当者がいる代行サービスなら安心ですが、そうでない場合は、管理が行き届かないということも出てきてしまいます。

実績が少ない会社を選んでしまった

コスト削減を最重要としてしまうと、価格だけでサービス会社を比較してしまいがちです。まずは社宅管理代行サービスの実績を確認するようにしましょう。実績が多い会社であれば、安心して任せることができますが、実績が少ない会社に依頼してしまうと、トラブル対応などの対応がスムーズに行えないなどの問題が起こりやすくなってしまいます。

社宅管理専門なのかどうか確認

一般的な管理代行業者(不動産会社など)に社宅管理を依頼してしまうというケースも稀にあります。このような場合、社宅に関しての専門知識を有している従業員がいない場合もあり、社宅管理がスムーズに行えません。かえって自社の担当者に手間がかかってしまいます。

社宅管理代行サービスを利用する際に注意するべきポイント

社宅管理代行サービスを利用する際には、下記の点に注意して選びましょう。

実績を確認する

まずは、社宅管理代行サービスの実績を確認してください。全国規模で管理実績があるのか、地域密着型なのかなどを確認しましょう。管理実績が豊富な会社の方が安心です。

セキュリティ対策を確認

管理代行サービスに依頼する場合、自社の従業員の個人情報を伝えることになります。セキュリティ対策やコンプライアンスなど規約を確認しましょう。

サポートの確認

手厚くサポートしてくれる管理会社の方が安心して利用できます。とくに入居中のトラブルに関しては、細かく対応できなければ従業員から不信感を抱かれてしまう場合もありますので、対応を確認しておきましょう。また、不動産情報を豊富に所有している代行会社のほうが、入居希望者に合う物件を提供しやすくなるので、従業員の満足度も向上します。

費用面での相談ができるか

企業ではコスト削減のために社宅管理代行サービスを利用することになります。自社で抱えている問題が解決できるようにさまざまな提案をしてくれて、費用面でも相談にのってくれる会社だと安心です。

 

社宅管理代行サービスの利用で失敗してしまったという事例をお伝えしました。失敗事例を知ることで、社宅管理代行サービスをどのように活用すればよいか、どのように選べばよいかよりお分かりいただけたと思います。自社に合うサービスを見つけて活用してください。

サイト内検索
記事一覧