社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行がおすすめ!自社管理する問題とは

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/03/30


福利厚生の一環として、社宅を従業員に提供することも多いと思います。従業員は通常の賃貸住宅を借りるよりも割安に住まいを確保できるので、大きなメリットがあります。敷金や礼金などまとまった資金を用意する必要もありません。しかし、その社宅管理が会社にとって大きな負担になることも多いです。自社管理する場合には、どのような問題があるのでしょうか。

幅広い業務があるので人事・労務の部署の負担が大きい

社宅の自社管理を行う際の問題としては、業務が多岐にわたり面倒ということが挙げられます。会社が直接社宅を保有している場合もありますし、マンションやアパート等一般の賃貸住宅を借り上げる場合もあります。

自社管理を行う場合には、入居や退去の手続きに加えて入居者に対して様々な管理を行わなくてはなりません。工事業者の手配を行ったり、設備の保守点検などを行う必要もあります。また、税務署に届け出なければいけない書類の作成業務などもありますし、借り上げ社宅の場合には仲介する不動産業者との交渉や手続きも行います。

こういった様々な業務があるので、人事・労務を担当する部署の負担が大きくなってしまうのです。業務の幅が広く、スタッフに専門的な知識がないこともあります。

このような負担を減らすのに便利なのが、社宅管理代行業者に業務を依頼する方法です。社宅管理代行業者は社宅管理について詳しい知識を持っているので、スムーズに手付きや作業が行えます。

社宅管理代行業者の方がトラブルに対処しやすい

自社管理を行う問題点としては、入居者とのトラブルも挙げられます。社宅は生活する場なので、トラブルが発生することも多いです。例えば隣の入居者の生活音がうるさいので何とかしてほしいとか、給湯器が故障したのですぐに修理して欲しいなど様々な要望が寄せられます。

すぐに解決できればいいですが、問題を解決するのに時間がかかってしまったり解決できないこともあります。得に隣人同士のトラブルなどはお互いに言い分があることも多いので、解決が難しいことも多いのです。

それから退職した従業員が、荷物を残したまま無断でいなくなってしまうといったこともあります。残された荷物は勝手に処分してはいけないと法律で決まっていますが、そういったことを知らずに処分して後からトラブルに発展することも考えられます。法律的な知識を持っている人が対処することが望まれます。その点社宅管理代行業者に依頼しておけば、そういった知識も持ち合わせているので安心です。

入社や異動の時期に業務が集中しやすい

社宅を自社管理していると、業務が異動の時期に集中してしまうということがあります。新入社員や転勤者のために社宅を用意している場合には、入社や異動の時期に人が動きます。それに合わせて業務を行わなければならないとなると、人事や労務部門の人手が足りないということがあります。

新入社員が入社する前の3月や異動時期である9月から10月にかけては、決算期とも重なるので非常に忙しい時期といえるでしょう。そういった時に社宅管理代行に任せることができれば、業務の負担を減らすことができます。

それから借り上げ社宅の場合には一般の賃貸住宅を使用することも多く、地域によって商習慣が異なることもあります。全国規模で事業を展開しているという場合には、担当者がその地域の商習慣を理解していないことも多いです。社宅管理代行業者であれば、そのような地域独自の商習慣についての知識も持っています。そのため業務をスムーズに進められます。

 

社宅を自社で管理する場合には、業務が多岐にわたるので人事や労務の負担が大きいことが問題として挙げられます。それから入社時や異動時期に業務が集中しやすいことと入居者とトラブルになるリスクもあります。そういった問題を解決するのに、社宅管理代行が便利です。

サイト内検索
記事一覧