社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行の利用でコスト削減ができる理由

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/12


社員などが居住地から離れて働かないといけない場合、社宅を提供しなければいけません。会社の規模が大きくなれば、それだけしなければならないことが増えるものです。そのような社宅の管理に関する業務は、専門性の高い社宅管理代行に依頼した方が効率よく運用でき、コスト削減につなげられるでしょう。今回は、コストを削減できる理由などを解説します。

近年注目される社宅管理代行とは?

社宅管理代行は社宅の管理にかかる業務の9割程度を代行するサービスです。社宅は社員が高いパフォーマンスで仕事ができるように用意されるものとされています。借り上げの社宅ではない場合、賃貸の物件を探すこともこの業務に含まれるでしょう。

そして複数の社宅を管理しなければならないのは、企業にとっては煩雑な仕事といえます。それぞれの賃貸で変わる条件や更新の時期など、すべてを把握するためには、専門的に担当する人が必要です。このような間接業務についてはあまり費用をかけられないというのが多くの企業の悩みでしょう。社内でそのような業務を依頼できる人は少なく、本業を圧迫するリスクもあります。

この悩みを解決できるのが社宅管理代行というサービスです。新たな物件を探すことも含まれているので、ほとんどの業務をアウトソーシングすることが可能でしょう。自社で担当者を雇用するよりも効率的で、委託することでコスト削減につなげられるのです。

社宅管理代行ならばコスト削減ができる

社宅管理代行を利用するとコスト削減が可能だといわれています。社宅を割り当ててからは、清掃などの業務も必要ないため、とくに業務はないように思えるでしょう。しかし、実際には多くの業務をこなさなければいけません。

1つは、少しでも安い物件を見つけることです。そして賃貸料の引き上げなどを安易に受け入れないように、交渉する必要があります。コスト削減にはかかせない業務だといえるでしょう。社宅管理代行で大きなウェイトをかけられるのは、提供する社宅の維持管理です。賃貸の不動産は定期的に更新の機会があり、値上げの話があったときには、できるだけ上がり幅を小さくすることも重要です。

また、引き上げの際に原状回復が必要となり、その交渉も行わなければいけません。基本的には交渉の繰り返しになりますが、コスト削減には重要な要素といえます。複数の物件を一括で管理できるだけでも、人件費がかからなくなってコスト削減に大きく貢献できるでしょう。

社宅管理代行にかかる費用で計算すると?

社宅管理代行を依頼する場合には、費用が発生するのは当然のことといえます。そして法人として社宅管理に従業員を担当させるよりも、コストパフォーマンスがよいかどうかという目線で検討しなければいけません。社宅管理代行は複数存在しているため、価格競争が発生しています。

社宅管理代行の仕事は不動産会社との交渉で、少しでもよい物件を選ぶことができるノウハウがあるのです。他社よりもコスト削減が可能かどうかなども確認すべき事項になります。社宅管理代行にかかる費用は、業者によってまちまちです。そのため相見積もりを取って判断することになるでしょう。

そして依頼することで、どれだけのコスト削減が見込めるかも確認しておくとよさそうです。そこで明確な提案ができないようなら、依頼すべきではありません。コストや手間が減らないならば、外部に依頼する必要はないでしょう。より効果的な提案ができることが、代行会社を選択するときの条件といえます。

 

自社ですべてをまかなうことは難しく、多くの企業では社宅管理が通常の業務を圧迫する恐れがあります。そのようなときに検討したいのが、社宅管理代行です。しっかりとコストパフォーマンスの高いところを探しましょう。

サイト内検索
記事一覧