社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行に依頼して社員の満足度を向上させるポイント

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/01/27


社宅制度を導入している、または導入を考える企業では、社宅の状態が社員の勤労意欲にも影響するため、社宅の満足度の向上が課題となるはずです。そのため、社宅管理代行を利用してサービスの質をよくする企業も少なくありません。では、どのような点を考えて社宅の管理代行を選ぶとよいのでしょうか。こちらでは選ぶポイントと理由を紹介します。

不動産に関する総合的な知見がある会社を利用する

社宅に対する社員の満足度を向上させるためには、不動産に関する知識が豊富な社宅管理代行会社を選ぶことがポイントとなります。社宅代行のみを専門に行っている会社よりも、不動産全般の業務を行っている会社に任せたほうが満足度も高くなる傾向にあるようです。

なぜなら、社宅管理の代行業務は、部屋のリフォームや建物の管理なども含まれるため、正確で豊富な知識を求められることが多々あるためです。また、実際に住むことをイメージして入居や退去などのルールを決めたり、お互いが気持ちよく生活するための決まりを作成したりすることもできるケースがあります。

さらに、不動産全般の知識があると、災害時の対応を考えた避難経路、食料や水の備蓄などについてもアドバイスしてもらえ、災害に備えた保険の加入に関する相談もできるようです。社員が安心して生活する拠点を持てるなら、自然と満足度は向上し、社員の生産性にも影響することでしょう。

利用できるサービスの幅が広い会社を選ぶ

近年では社宅管理代行を行う会社が多数ありますが、サービスの提供の仕方はそれぞれ異なります。その中でも社員の満足度が高くなる傾向にあるのは、利用できるサービスの幅が広いものです。これは、ある程度のサービスがパックとなっていて、サービスごとに料金が発生することが少ないものをいいます。

反対にサービスごとに料金が発生するタイプのものは、月々の基本料金は安くなる傾向にありますが、サービスを追加利用するごとに料金が発生し、サービス申し込みのための労力がかかります。そうなると、社宅費用を負担する企業側も予算管理がしづらくなるでしょう。

また、時期によっては予算を大幅に超えたり、サービス利用までに時間がかかったりすることもあり、社員の満足度が低下する可能性もあります。サービス提供の幅が狭い代行会社を利用する場合は、社員がサービスごとに違う窓口とやり取りしなければならないことも生じるため、煩雑さを感じることも考えられます。

専任の担当者がつく代行会社を選ぶ

社宅管理代行会社の業務の幅と関連して、専任の担当者がつく会社を選ぶことも満足度を上げるカギとなります。社宅管理に関して専任の担当者がつくことのメリットの1つは、題が発生した際に一括して1人の担当者に連絡すればよいという点にあるでしょう。

逆に、利用するサービスやクレームごとに別の窓口が用意されている代行会社の場合は、依頼した部分だけしか見ないということが発生します。社宅管理はさまざまな問題が複雑に絡み合っていることも多いため、指摘した問題だけでなく、関連する部分にも目を向けてもらえるほうがよいでしょう。

その点、専任の担当制であれば多角的に問題を観察し、スピーディーに解決できる確率が高くなります。さらに専任の担当者がつくメリットは、社宅全体を見てもらえる安心感があることです。やり取りを重ねることで、こちらの意向を理解してくれるよさを実感でき、大きな問題になる前に改善できることを指摘してくれることも期待できるでしょう。

 

社員の満足を上げるために社宅管理代行を選ぶポイントの1つは、不動産を総合的に扱っていて知識や実績が豊富な会社であることです。また、ワンストップでさまざまなサービスを利用できる会社を選ぶことも大切です。加えて、専任の担当者がついて相談しやすいことも大事な要素です。

サイト内検索
記事一覧