社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行を導入した場合の敷金の支払いは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/10

社宅管理代行サービスを導入したい、そうした考えの企業にとっては、導入する際のコストが気になるものです。どれだけ費用がかかるのか、敷金は必要なのかなど、事前に金銭面に関しては下調べをしておきましょう。

支払う目的とは一体何なのか

最近では転貸も増えている社宅管理代行サービスですが、貸主と企業が直接賃貸契約を締結するだけでなく、代行会社が契約した物件を貸し出す仕組みというものもあり、これならば預入資産と見なされ「税金対策」になるようです。多くの企業で社宅管理代行サービスの導入が相次いでいますが、そうした場合、入居者から徴収する敷金・礼金・家賃の支払いはどうなるのでしょうか。

もちろん、アウトソースできる業務ですから代行会社に一任できます。借上社宅は、建物の維持費が不要なのですが、敷金などの一時預入金の管理、退去するときには原状回復費についてトラブルにならない対応などが必要です。転勤や異動、新入社員に貸し出すための社宅となれば、社内業務を軽減するためにアウトソースしてみましょう。

ちなみに敷金は、原状回復費用として利用されるケースが多く、退去どきにトラブルになりがちということもなきにしもあらずです。支払った挙げ句のはてに返還されないなど、敷金が何なのかを知らない入居者も少なくありません。家賃を支払えなくなったときの補填にもなりますし、退去どきの部屋の修繕費用にあてるのが一般的です。社宅は社員が利用するので、家賃が支払えないことは少ないようですが、家賃のおよそ1ヶ月から3ヶ月分の支払いが目安です。

支払うタイミングはいつになるのか

入退去したときの部屋の状態により、修繕にかかる費用が変わるので、社宅管理代行サービスを導入した場合、支払い額は築年数によって一概にはいえません。社有社宅に関しても社員のために活かすことがポイントです。社宅管理代行サービスを導入するのも、このような企業の抱える問題を解決できる策略もあるからでしょう。

リフォームやリノベーションという手も、敷金を支払っておくことで容易になります。というのも、そうした費用もそこから出す(カバー)ことができるからです。しかし今は、無料の賃貸物件も増加しているといいますから、支払う必要がない場合もあります。

また、いつ支払うのかといえば、契約書や重要事項説明を確認して、社宅管理代行契約を申し込むタイミングです。この場合、現金一括払いが一般的です。ですが、最近ではクレジットカード決済、分割払いを選択できる代行会社も存在していますから、負担は少ないようです。

支払う必要がない場合ということもある

ちなみに、アウトソースすることにより敷金・礼金・仲介料は安くなるものでしょうか。とある代行会社では、社宅適応物件の決定次第だと謳っています。福利厚生的要素を社員に委ねることがあれば、適正化をすすめています。社宅管理代行導入によっては、地域相場に合わせて敷金を支払うのが一般的です。また、ケースバイケースですが、転貸導入している代行会社では敷金を預託するので、依頼する企業にとっては一定額の手数料さえ支払っておけば負担がなしになることもあるようです。

 

社員の住まいを貸し出すのが社宅ですが、社宅管理代行サービスという管理を外部に委託することができることもあり、多くの企業が導入したい考えでいるようです。実際には、建物の管理から入居者が抱えるトラブルにも対応するのですが、家賃の問題のみならず、導入するとなれば敷金の支払いはどうなるのかも気になるものです。もちろん、無料としているところもありますが、契約のために申し込みをするタイミングで、一括払いという支払い方法を採用していることが多いようです。

サイト内検索
記事一覧