社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行のサービスはどんなもの?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/12


社宅管理代行のサービスとは、一体どのようなものなのか気になりませんか。このサービスは、ちょっと聞き慣れないような複雑そうな名前をしていますよね。だからこそ親しみを持てるように勉強してみたいと考えられる方も多いでしょう。これから社宅管理代行サービスについて、できる限り詳しく説明をしたいと思います。

社宅管理代行サービスについての説明

まず、社宅管理とは、従業員が住むために会社が用意した住居の管理に関することです。このような社宅管理サービスは、社宅に住んでいる従業員の過ごしやすさに貢献するであろう必要不可欠ともいえる管理のことです。会社が行うこのような管理での社宅とは、会社の方が従業員に対し、相場より賃金を安く提供する住む場所のことです。

社宅管理はどのようなことをするかというと、会社が用意した住居に住んでいる従業員の入居や退去の手続きなど、住居に関しての手続きや保険、保守点検などに関することが主な仕事です。これに対しての資料を作ったりする作業のことを社宅管理というのです。

社宅管理は、一般的に社宅に住んでいる従業員の会社が管理する必要があります。とくに担当となる人事と労務は、仕事内容が多方面にわかれるので、負担は大きなものとなるようです。

そして、種類によっても仕事内容が異なることになります。その種類とは、社有社宅と借り上げ社宅です。このように種類が違うと、管理する仕事内容が違うことになっています。ちなみに、社有のこのようなサービスは会社が直接持っている社宅です。

社宅管理の効率化ができる社宅管理代行サービスとは

社宅管理代行サービスは、主に借り上げ社宅の契約と解約や従業員の入居や退去の管理が中心です。なので、会社の代わりに処理に関しての作業をするアウトソーシングサービスであるといえます。社宅管理作業は、賃貸物件を探すことやそれにともなう仕事に専門の知識が要るのでたくさんの会社で使われています。そして、サービスにはいくつかの種類があります。

まず、1つは物件の手配として物件情報を提供したり、物件の下見などに関したことです。

2つ目には、新規契約の時の手続きをすることです。ここでは物件の申し込みと契約書などの準備や入居者に説明をするなどが行われます。

3つ目に、賃料などの支払い作業があるでしょう。家賃の支払いや更新料に建物修繕費の支払いに関することです。それから、更新の手続きがあります。更新通知の受領や更新書類を作ること、回収や保管などがそうです。さらに、解約の手続きも当てはまります。解約申し込みの受付をしたり、解約書類の作成や回収に保管を行います。

いろいろな種類がある社宅管理代行サービスについて

転賃借による社宅代行の転賃型では、転賃借契約で社宅代行をすることになります。代理型と比べると、委託料は高くなる場合があるでしょう。代行業の見直しのハードルの高さに社宅の物件を選ぶことに影響します。

仲介系の社宅代行は、代理型とも呼ばれるものです。これは主には新規の部屋紹介に強みがあるとされています。なので、契約精算の業務に不安が残ってしまう可能性があるといわれているでしょう。立替金と家賃振り込みなどの財務安定の面では、管理系の会社の方が安心されることがあるようです。

さらに、管理系の社宅代行は同じく代理型ですが、自社の物件保有によっての部屋紹介に強みがあるようです。これは、自社の物件を優先しての部屋紹介に関する心配が指摘されることがあります。従業員の入居や近隣トラブルへの対応に効果があり、解約精算交渉の実力があったりします。導入後の業務の質が違うとか安心感が違うと好評のサービス内容もあるようです。

 

社宅には2種類あり、社有社宅と借り上げ社宅があります。そして、社宅管理代行サービスでは6種類の任せられる内容があったりもします。管理系の社宅代行の代理型なら、導入してからの業務の質がよくなると好評であったりもします。

サイト内検索
記事一覧