社宅管理代行(社員寮)おすすめアウトソーシングサービス会社ランキング!【運営・運用業務代行に評判の業者を徹底比較!】

社宅管理代行会社はトラブル対応もしてくれる?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/02/03

社宅を持っているならば、社員が生活をしているはずです。賃貸となるならば、そこにはさまざまなトラブルが発生する可能性はないでしょうか。代行、委託するサービスを利用するならば、そうした問題を解決できるかどうかを確認しましょう。

フットワークの軽さで臨機応変に応える

社宅管理代行会社は企業規模もマチマチなので、検討中であれば、臨機応変なサービスを提供するところや、実際に誠実さが評価されているところから考えてみましょう。

必要最低限の業務のみ依頼することも可能で、小規模の企業や社内の社宅入居者が少ないのなら、受託1件から対応してくれる社宅管理代行会社もありますから、検討してみましょう。規模問わず、部分的に負担に感じる業務があるのならそこを委託するのもありでしょう。

中にはトラブル対応してもらっている企業も少なくないようです。借上社宅にいたっては、家主が個人で、契約や交渉が円滑に進まないことがあったり、知識不足によって不利な条件で契約書を作成されることになれば、後々トラブルにならないとはいえないでしょう。

この場合も、賃貸借契約に詳しいスタッフが書類の確認作業を代行してくれるようです。このように、問題なく対応できるフットワークの軽さは魅力的ですし、そもそもトラブルのタネとなる対象が人(社員)であるならば、不快な思いをさせない方法を取ってくれる、そうした実績豊富な社宅管理代行会社を選定したいものです。

社宅でのトラブルもしっかりカバー

大手ならば、社員のための社宅を持っていることも多いのではないでしょうか。しかし、入居してからの社員の相談などはいったん管理元に集まります。メンテナンスに関することだけでなく、生活圏の相談にも応じるとなれば、迅速に対応できるのか不安もあるでしょう。

すぐに解決できるとは限りませんし、手間と時間がかかれば管理部署としては面倒くさく感じるものです。他の業務も同時進行しなければならず、かといってトラブルに大きいも小さいもあるわけもなく、問い合わせ順で対応しなければなりません。物理的な手間を肩代わりするのも社宅管理代行サービスの一つになります。

自社で社宅を持つ以外にも、借上社宅サービスを利用していればトラブルになりがちなのは『原状回復費』というトラブルです。貸主と入居者との考えも異なり、複雑なトラブルへと発生しがちで、退去のときの費用の問題や不当な請求分などに追われるリスクを上手くカバーしてくれます。

情報をしっかり伝え合うこともする

社宅管理代行会社は入居する社員の満足度を向上させてくれるそうしたウリも持ち合わせています。例えば、社宅内では設備故障や騒音問題など、生活圏でのトラブルが少なくありません。

そんなときでさえも、円滑に対応できるのも選任(専任)だからで、他の業務に手がまわらないことも、対応が遅れることもありません。多くの社宅管理代行会社では対応窓口を設けることにより、手配や手続きなども含めて迅速に応えられるわけです。

しかも、トラブルの情報はしっかり依頼先にも共有されるので、知らない、分からないことがありません。パイオニアとなる社宅管理代行会社においては、豊富なノウハウと充実したサービスであらゆる問題を解決していて、クレームへの責任感は揺るがないようです。

 

社宅管理代行会社は、管理という部分を代行してくれます。しかし、サービスはそれだけに留まらず、入居者がいるということはトラブルも発生するかもしれません。そうした内容にもしっかり対応してくれるのも実績豊富をウリにする利点ではないでしょうか。

もちろん、トラブルを回避することや、処理した内容などは一任したとしても依頼先となる企業の本部にもしっかり伝わる共有化も図ってくれるので、安心や信頼をして任せることができる声も聞かれています。

サイト内検索
記事一覧